マガジンのカバー画像

シネマ・マリアージュ

23
映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

現在~過去、この現実にある、さまざまな問題と向き合わせてくれる映画の力『少年の君』『MINAMATA-ミナマタ-』

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けさせていただきます! 今回は、第93回アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネートした『少年の君』と、ジョニー・デップが世界的写真家ユージン・スミスを演じ話題を呼んだ『MINAMATA-ミナマタ-』をマリアージュ。 ※

スキ
8

“明確な仕組み”がもたらす恐怖と、“えたいの知れない”恐怖――本当に怖いのはどっち? 『プラットフォーム』『ライトハウス』

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトの下、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けさせていただきます! 今回は、スペインの新鋭監督による長編デビュー作『プラットフォーム』と、ロバート・パティンソンとウィレム・デフォー共演の『ライトハウス』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru072

スキ
16

『茜色に焼かれる』『プロミシング・ヤング・ウーマン』を通し、生きる意味を問い、生きやすい未来を模索する。今この現実と向き合う力を宿した映画たち

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆様にお届けさせていただきます! 今回は、ともに過去のある出来事が原因で生きづらい現状に直面している女性の姿を描いた『茜色に焼かれる』と『プロミシング・ヤング・ウーマン』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru07

スキ
6

もしかして見逃してない? 実は意外と奥深い『ピーターラビット』の世界

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆様にお届けさせていただきます! 今回はシリーズ作品をご紹介する特別編として、ビアトリクス・ポターの名作絵本を実写映画化した『ピーターラビット』と『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @

スキ
17

『望み』と『空白』にあなたの心は耐え切れるか。いつ誰の身に降り掛かってもおかしくない苦悩と苦境

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、ともに子どもが関与する事件・事故が物語のきっかけとなる『望み』と『空白』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720  自分の子どもが加害者か被害者かハッキリしないが故に、苦境

スキ
22

日本の歴史的名作『東京物語』とアカデミー賞受賞作『ミナリ』に見る、いつの時代も変わらぬ家族のつながり

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、国内外で高く評価されている小津安二郎監督の名作『東京物語』と、第93回アカデミー賞においてユン・ヨジョンが助演女優賞を受賞したリー・アイザック・チョン監督作『ミナリ』をマリアージュ。 文=ミヤザ

スキ
9

恐怖の“実話”『ある人質 生還までの398日』と恐怖の“男の姿”『アオラレ』から垣間見る、誰もが手に入れるべき寛容な心

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆様にお届けします! 今回は、過激派組織によって誘拐された男の実話を基にした『ある人質 生還までの398日』と、ラッセル・クロウがあおり運転を繰り返す恐怖の男を演じる『アオラレ』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @take

スキ
8

若かりし日々の恋と、大人の恋を通して見えてくるもの――。菅田将暉×有村架純主演『花束みたいな恋をした』、岩井俊二監督『ラストレター』

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、坂元裕二のオリジナル脚本を映画化した『花束みたいな恋をした』と、岩井俊二が監督を務める『ラストレター』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『花束みたいな恋をした』('

スキ
21

人生はこじらせの連続! 『勝手にふるえてろ』『私をくいとめて』わかりみ深過ぎ、綿矢りさ×大九明子が織り成す世界

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、ともに芥川賞作家、綿矢りさの小説を原作とした作品であり、大九明子が監督を務める『勝手にふるえてろ』と『私をくいとめて』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『勝手にふる

スキ
24

名作邦画『劇場』『生きちゃった』を鑑賞し、答えなき人生の旅路を垣間見る

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、又吉直樹原作の恋愛小説を映画化した『劇場』と、日本映画界の最前線をひた走る石井裕也監督のオリジナル作品『生きちゃった』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『劇場』('

スキ
19

人生のヒントが詰まった2作品。“今”を変えるために必要なものは何か――

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、自分以外、誰もザ・ビートルズを知らない世界でチャンスをつかむ青年の姿を描いたファンタジー・コメディ『イエスタデイ』と、自らの過去と対峙した男が、今ある自分を見つめ直す人間ドラマ『ペイン・アンド・グ

スキ
16

これぞ神髄! 脈々と受け継がれる“日本映画イズム”を2本の映画から体感する

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、名匠、今村昌平監督作『復讐するは我にあり』と、超豪華俳優陣出演の阪本順治監督作『一度も撃ってません』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『復讐するは我にあり』(’

スキ
17

『TENET テネット』は2回以上見てこそ、作品の奥深さを実感できる。その“見るべきポイント”とは?<※ネタバレあり>

映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。いつも2本の作品を「マリアージュ」する連載ですが、今回は異例の、『TENET テネット』1作品。1回見ただけではそのすべてを理解することが極めて困難とされる本作を、“2回以上見る”ことを前提とした、同一作品のマリアージュでお届け。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『TENET テネット』(’20) ※1回目 ク

スキ
20

鬼才ファティ・アキン、その恐るべき才能と作品の振れ幅

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、共にファティ・アキン監督作品であり、最新作となるサスペンスホラー『屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ』と、2009年製作のヒューマンコメディ『ソウル・キッチン』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル

スキ
17