マガジンのカバー画像

シネマ・マリアージュ

18
映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これ… もっと読む
運営しているクリエイター

#映画

日本の歴史的名作『東京物語』とアカデミー賞受賞作『ミナリ』に見る、いつの時代も変わらぬ家族のつながり

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、国内外で高く評価されている小津安二郎監督の名作『東京物語』と、第93回アカデミー賞においてユン・ヨジョンが助演女優賞を受賞したリー・アイザック・チョン監督作『ミナリ』をマリアージュ。 文=ミヤザ

スキ
6

恐怖の“実話”『ある人質 生還までの398日』と恐怖の“男の姿”『アオラレ』から垣間見る、誰もが手に入れるべき寛容な心

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆様にお届けします! 今回は、過激派組織によって誘拐された男の実話を基にした『ある人質 生還までの398日』と、ラッセル・クロウがあおり運転を繰り返す恐怖の男を演じる『アオラレ』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @take

スキ
7

若かりし日々の恋と、大人の恋を通して見えてくるもの――。菅田将暉×有村架純主演『花束みたいな恋をした』、岩井俊二監督『ラストレター』

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、坂元裕二のオリジナル脚本を映画化した『花束みたいな恋をした』と、岩井俊二が監督を務める『ラストレター』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『花束みたいな恋をした』('

スキ
19

人生はこじらせの連続! 『勝手にふるえてろ』『私をくいとめて』わかりみ深過ぎ、綿矢りさ×大九明子が織り成す世界

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、ともに芥川賞作家、綿矢りさの小説を原作とした作品であり、大九明子が監督を務める『勝手にふるえてろ』と『私をくいとめて』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『勝手にふる

スキ
23

名作邦画『劇場』『生きちゃった』を鑑賞し、答えなき人生の旅路を垣間見る

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、又吉直樹原作の恋愛小説を映画化した『劇場』と、日本映画界の最前線をひた走る石井裕也監督のオリジナル作品『生きちゃった』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『劇場』('

スキ
18

人生のヒントが詰まった2作品。“今”を変えるために必要なものは何か――

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、自分以外、誰もザ・ビートルズを知らない世界でチャンスをつかむ青年の姿を描いたファンタジー・コメディ『イエスタデイ』と、自らの過去と対峙した男が、今ある自分を見つめ直す人間ドラマ『ペイン・アンド・グ

スキ
16

これぞ神髄! 脈々と受け継がれる“日本映画イズム”を2本の映画から体感する

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、名匠、今村昌平監督作『復讐するは我にあり』と、超豪華俳優陣出演の阪本順治監督作『一度も撃ってません』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『復讐するは我にあり』(’

スキ
16

『TENET テネット』は2回以上見てこそ、作品の奥深さを実感できる。その“見るべきポイント”とは?<※ネタバレあり>

映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。いつも2本の作品を「マリアージュ」する連載ですが、今回は異例の、『TENET テネット』1作品。1回見ただけではそのすべてを理解することが極めて困難とされる本作を、“2回以上見る”ことを前提とした、同一作品のマリアージュでお届け。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『TENET テネット』(’20) ※1回目 ク

スキ
20

鬼才ファティ・アキン、その恐るべき才能と作品の振れ幅

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、共にファティ・アキン監督作品であり、最新作となるサスペンスホラー『屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ』と、2009年製作のヒューマンコメディ『ソウル・キッチン』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル

スキ
16

実話を描く意義と価値。あの名女優の晩年と、いびつな事件の真相に迫る2作品

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けさせていただきます! 今回は、ともに実話であり、ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの晩年を描いた『ジュディ 虹の彼方に』と、フランス全土を震撼させたプレナ神父事件の全貌を捉えた『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』

スキ
17

おフザケしながらも大真面目! 笑いの中に込められた奥深いメッセージ

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けさせていただきます! 今回は、ともにアダム・ドライヴァーが出演しており、一見おフザケ映画に見えてしまうものの、その中身には奥深いメッセージが込められている『ブラック・クランズマン』と『デッド・ドント・ダイ』をマリア

スキ
21

こんな時代にこそ必要な勇気と希望。人に備わる可能性を描いた2本の長編デビュー作

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けさせていただきます! 今回は、ともに監督の長編デビュー作であり、主演を務める俳優の実体験が物語に反映されている『37セカンズ』と『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @take

スキ
9

“今”この瞬間に宿る価値を知る。実話が示す他者とのつながりがもたらすもの

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けさせていただきます! 今回は、ともに実話をもとにした作品であり、他者とのつながりがあってこそ、生きていける日々があることを自覚させてくれる『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』と『Fukushima 50』をマ

スキ
13

年末年始はこの映画で決まり! 自らの足で立つ勇気を与えてくれる感動の2作品

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けさせていただきます! 今回は、一見何のつながりも見えませんが、実は大事な部分で共通点を持つ『ジョジョ・ラビット』と『男はつらいよ お帰り 寅さん』をマリアージュ。 文=ミヤザキタケル @takeru0720 『

スキ
10