映画のはなし シネピック

107

“完全無欠”な吉沢亮の真骨頂は、“不完全さ”にあり

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は映画ライターのSYOさんが、吉沢亮の現時点での”個性”が詰まっている作品と称する『青くて痛くて脆い』を中心に、彼の魅力を分析するコラムをお届けします。

文=SYO @SyoCinema

 演技力も、ルックスも、運動神経も――。俳優・吉沢亮のパブリック・イメージは、「完全無欠」ではないだろうか。映画

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!

貧困を個人にひもづけるな #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、名匠ケン・ローチ監督が今日の不条理な社会の中でもがき苦しむ一家族の姿を痛切に描いた『家族を想うとき』('19)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 宅配業者の労働問題は日本でも盛んに報道されるようになっている。
「再配達をなくすように受け取ろう」「予定変更の際はアプリ

もっとみる
素敵なエンターテインメントの出会いがありますように!

作品賞&俳優賞だけがオスカーじゃない! 映画ライターが勧めるアカデミー賞の「通」な楽しみ方

 いよいよ4月26日(日本時間)に開催される「第93回アカデミー賞授賞式」。今回は、作品賞や監督&俳優賞に比べて脚光を浴びることの少ない3つの部門賞にフォーカス。アパレル業界から映画ライターに転身し、『オードリーに学ぶおしゃれ練習帳』などの著作を持つ清藤秀人さんに、衣装デザイン賞、音響賞、そして国際長編映画賞から読み解く「通」な楽しみ方をお勧めしてもらいました。

文=清藤秀人 @hidetoki

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!

実話を描く意義と価値。あの名女優の晩年と、いびつな事件の真相に迫る2作品

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けさせていただきます! 今回は、ともに実話であり、ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの晩年を描いた『ジュディ 虹の彼方に』と、フランス

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!

何気ない日常からゾンビ映画まで 鬼才ジム・ジャームッシュの美学

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は、1980年代から活躍し続けている鬼才ジム・ジャームッシュによる最新作『デッド・ドント・ダイ』の放送に合わせて、彼のこれまでの作品に注目。映画や音楽をメインに文筆家として活躍する、長谷川町蔵さんにコラムを寄せていただきました。

文=長谷川町蔵 @machizo3000

静かでドライで物悲しい。でも

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!

あの頃、バーに行くとまずミルク飲んでたんだ――スピードワゴン・小沢さんが『レオン 完全版』を改めて観て、心を撃ち抜かれたセリフとは?

映画を愛するスピードワゴンの小沢一敬さんが、映画の名セリフを語る連載「このセリフに心撃ち抜かれちゃいました」
毎回、“オザワ・ワールド”全開で語ってくれるこの連載。映画のトークでありながら、ときには音楽談義、ときにはプライベートのエピソードと、話があちらこちらに脱線しながら、気が付けば、今まで考えもしなかった映画の新しい一面が見えてくることも。そんな小沢さんが今回ピックアップしたのは、孤独な殺し屋

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!

この映画の大切な問いは、「あなたは何をしてきたのか」――『スポットライト 世紀のスクープ』から考える

 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の国際目標。地球上の「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」ことを誓っています。
 フィクションであれ、ノンフィクションであれ、映画が持つ多様なテーマの中には、SDGsが掲げる目標と密接に関係す

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!

映画好きの皆さんの気になる作品は? 4月のWOWOW初放送映画 厳選3作品

 映画アドバイザーのミヤザキタケルが、各月の初放送作品の中から見逃してほしくないオススメの3作品をピックアップしてご紹介! これを読めばあなたのWOWOWライフがより一層充実したものになること間違いなし! のはず...。

文=ミヤザキタケル @takeru0720

 今月は、ロマンティックコメディ、韓国サスペンス、人気カーアクションシリーズのスピンオフと、ジャンルの異なる3本の作品を紹介します

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!