映画のはなし シネピック

100
+4

このままだって自分もヒーロー #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、DCコミックスのスーパーヒーロー、ワンダーウーマンの活躍を描くシリーズの第2作『ワンダーウーマン 1984』('20)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 このところ、「ヒーロー」が気になる。
 個人的な理由なのだが、うちにいる5歳児がヒーローというものを愛しており、

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!
+5

人生のヒントが詰まった2作品。“今”を変えるために必要なものは何か――

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、自分以外、誰もザ・ビートルズを知らない世界でチャンスをつかむ青年の姿を描いたファンタジー・コメディ『イエスタデイ』と

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!
+4

草彅剛は『ミッドナイトスワン』でさらなる高みへ――自らのオーラを、役への魅力に変換

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は映画ライターのSYOさんが、『ミッドナイトスワン』でトランスジェンダーの主人公を熱演し、第44回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞した草彅剛について、その魅力を作品から紐解くコラムをお届けします。

文=SYO @SyoCinema

 2020年に劇場公開された国内の映画の中で、大いに話題を集

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!
+4

『これ、俺だよ!』と思ってさ、苦しくて――又吉直樹原作『劇場』を観てスピードワゴン・小沢さんが心撃ち抜かれたセリフとは?

映画を愛するスピードワゴンの小沢一敬さんが、映画の名セリフを語る連載「このセリフに心撃ち抜かれちゃいました」
毎回、“オザワ・ワールド”全開で語ってくれるこの連載。映画のトークでありながら、ときには音楽談義、ときにはプライベートのエピソードと、話があちらこちらに脱線しながら、気が付けば、今まで考えもしなかった映画の新しい一面が見えてくることも。そんな小沢さんが今回ピックアップしたのは、芸人であり芥

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!

ホラー映画『ラ・ヨローナ~彷徨う女~』『インシディアス』ほか、2010年代の秀作をホラー好きライターが語る

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は、8月の映画特集「放送と配信で観る!背筋も凍るホラー体験」をピックアップ。ホラー映画好きライター・高橋諭治さんに、ラインナップされたホラー映画についてじっくり語ってもらいました。

文=高橋諭治

 2010年代のホラー映画の傾向や特徴を、ひと言で語るのは難しい。1970年代のオカルト映画、1980年

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!

映画好きの皆さんの気になる作品は? 8月のWOWOW初放送映画 厳選3作品

 映画アドバイザーのミヤザキタケルが、各月の初放送作品の中から見逃してほしくないオススメの3作品をピックアップしてご紹介! これを読めばあなたのWOWOWライフがより一層充実したものになること間違いなし!のはず...。

文=ミヤザキタケル @takeru0720

 今月は、ヒューマン・サスペンス、ラブ・コメディ、青春と、タイプの異なる3本の作品を紹介します。

『ルース・エドガー』(’19)

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!