映画のはなし シネピック

62

おフザケしながらも大真面目! 笑いの中に込められた奥深いメッセージ

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けさせていただきます! 今回は、ともにアダム・ドライヴァーが出演しており、一見おフザケ映画に見えてしまうものの、その中身には奥深いメッセ

もっとみる
素敵なエンターテインメントの出会いがありますように!
19

仲間ってなんだろう?#山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、スパイク・リー監督による、実話に基づいた社会派刑事アクション『ブラック・クランズマン』('18)。について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 スパイク・リー監督による『ブラック・クランズマン』は、実際の事件をベースに作られた伝記犯罪映画だ。

 1970年代、白人至上主義団

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!
12