マガジンのカバー画像

映画のはなし シネピック

172
新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、スピードワゴン・小沢一敬さん、作家・山崎ナオコーラさん、フォトジャーナリスト・安田菜… もっと読む
運営しているクリエイター

#山崎ナオコーラ

本当の遠さ、本当の難しさとは? #山崎ナオコーラによる線のない映画評『ブータン 山の教室』

本当の遠さ、本当の難しさとは? #山崎ナオコーラによる線のない映画評『ブータン 山の教室』

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、山奥の村に赴任した教師の奮闘や地元民たちとの交流を描き、第94回アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネートされた秀作『ブータン 山の教室』('19)について書き下ろしてもらいました。
※今回を持ちまして、本コラム「山崎ナオコーラによる線のない映画評」の連載は最終回となります。
これまでご愛読いただきありがとうございました。

もっとみる
ムーミン作者の、恋愛と孤独と自由 #山崎ナオコーラによる線のない映画評『TOVE/トーベ』

ムーミン作者の、恋愛と孤独と自由 #山崎ナオコーラによる線のない映画評『TOVE/トーベ』

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、“ムーミン”の生みの親トーベ・ヤンソンの半生と知られざるムーミン誕生の舞台裏を描いた伝記ドラマ『TOVE/トーベ』('20)について書き下ろしてもらいました。

(※初回放送 6/30(木)後7:15)

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 ムーミンは、日本で人気がある。
 童話や絵本が何度も訳し直され

もっとみる
外見から年齢を判断しない地平へ『Arc アーク』 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

外見から年齢を判断しない地平へ『Arc アーク』 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、作家ケン・リュウのSF短編小説を原作に、史上初めて不老不死となった女性が辿る心の旅路を描いた『Arc アーク』('21)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 映画や小説は、時間を描く芸術だ。
 鑑賞者や読者は、始まりや終わりを感じて、「時間の流れ方って、こういう形にも

もっとみる
みんなに居場所がある未来への一歩 #山崎ナオコーラによる線のない映画評『モロッコ、彼女たちの朝』

みんなに居場所がある未来への一歩 #山崎ナオコーラによる線のない映画評『モロッコ、彼女たちの朝』

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、北アフリカの国モロッコを舞台に、未婚の妊婦と1組の母子が互いに助け合い連帯する姿を描いた感動作『モロッコ、彼女たちの朝』('19)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 モロッコのカサブランカにある、パン屋の物語。

 私はパン屋の中で繰り広げられるシーンを見ながら、人

もっとみる
小さな仕事にもきっかけがある『幸せへのまわり道』 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

小さな仕事にもきっかけがある『幸せへのまわり道』 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、ある記者と、米国の国民的子ども向けTV番組の司会者が交流したという実話を映画化し、トム・ハンクスが第92回アカデミー賞で助演男優賞にノミネートされた感動作『幸せへのまわり道』('19)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 子ども向け番組で人気を博している大物司会者フレ

もっとみる
『すばらしき世界』が完璧なハッピーエンドにはならなかった理由 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

『すばらしき世界』が完璧なハッピーエンドにはならなかった理由 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、西川美和監督、役所広司主演で、堅気として人生をやり直そうと悪戦苦闘する元殺人犯の主人公を、役所が魅力たっぷりに好演したヒューマンドラマ『すばらしき世界(2021)』について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 この社会には、全員分の椅子があるのだろうか?
 すべての人が、生ま

もっとみる
私の中にもある移住の記憶 #山崎ナオコーラによる線のない映画評『ミナリ』

私の中にもある移住の記憶 #山崎ナオコーラによる線のない映画評『ミナリ』

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、韓国から米国アーカンソー州に移住した一家とその祖母の喜怒哀楽を描き、第93回アカデミー賞でユン・ヨジョンが助演女優賞を受賞するなど高い評価を受けたホームドラマ『ミナリ』('20)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 人類は移住を繰り返してきた。
 ホモ・サピエンスはア

もっとみる
『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』の「人間らしさ」に元気が出る #山崎ナオコーラによる線のない映画評

『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』の「人間らしさ」に元気が出る #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、アジア初となったインドの火星探査機打上げ成功に隠された秘話を描く宇宙開発ドラマ『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』('19)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

「宇宙もの」をヒューマニティーたっぷりで作ってもいいんだなあ、と感動した。

『ミッ

もっとみる
『行き止まりの世界に生まれて』から、「見る」という行為のすばらしさと難しさを知る #山崎ナオコーラによる線のない映画評

『行き止まりの世界に生まれて』から、「見る」という行為のすばらしさと難しさを知る #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、3人の若者たちの姿を12年間にわたって記録撮影し、第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされたほか、数多くの映画賞を受賞した『行き止まりの世界に生まれて』('18)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 なんとも言えず、良い映画だった。見て! と言いた

もっとみる
共存を探る『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

共存を探る『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、バイキングの青年ヒックとドラゴンの絆を描くファンタジーアニメの劇場版三部作の完結編『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』('19)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』は、主人公の少年ヒック(声:ジェイ・バルチェル)と、ドラゴンのトゥース

もっとみる
このままだって自分もヒーロー #山崎ナオコーラによる線のない映画評

このままだって自分もヒーロー #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、DCコミックスのスーパーヒーロー、ワンダーウーマンの活躍を描くシリーズの第2作『ワンダーウーマン 1984』('20)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 このところ、「ヒーロー」が気になる。
 個人的な理由なのだが、うちにいる5歳児がヒーローというものを愛しており、

もっとみる
みんなのための辞書 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

みんなのための辞書 #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、「オックスフォード英語大辞典」の誕生の陰に秘められた実話を描いた『博士と狂人』('19)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 みなさんは辞書のことを、どんな本だと捉えているだろうか?
「文章のルールが載っている本」「言葉の正しい使い方を調べられる本」だと思っている方も

もっとみる
「公共性」について考える #山崎ナオコーラによる線のない映画評

「公共性」について考える #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、ホームレスの人々と彼らを思いやる面々が図書館に立てこもる騒動を描いた『パブリック 図書館の奇跡』('18)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 「公共性」は好きな言葉だ。
 なんというか、その言葉について考えていると、私はそのために人間として生まれてきた、という気がし

もっとみる
私の生きるヒント #山崎ナオコーラによる線のない映画評

私の生きるヒント #山崎ナオコーラによる線のない映画評

 作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、天才ピアニストであり指揮者のJ・C・マルティンスの半生を描いた音楽伝記『マイ・バッハ 不屈のピアニスト』('17)について書き下ろしてもらいました。

文=山崎ナオコーラ @naocolayamazaki

 「芸術は、特別な人のためにあるものなんじゃないか」なんて、つい思ってしまうことがある。
「才能がある人のもの」「勉強

もっとみる