見出し画像

はじめまして、WOWOWブッククラブです。

みなさん、はじめまして。

新たにマガジンを始めることになりました、WOWOWブッククラブ担当のキクチです。どうぞよろしくお願いいたします。

まずはこのマガジンの自己紹介をさせてください。WOWOWブッククラブとは、毎月のテーマに沿った番組と関連する本をご提案して、番組と本をセットで楽しむ企画です。

なぜ「本」なのか

本には私たちの人生を豊かにしてくれる不思議な力があります。ゆっくりと思いをめぐらせたり、知識や教養を深めたり、またある時は迷わせたりもする愉快な相棒になってくれます。

私たちがお届けする映画やドラマなどの原作としてエンターテインメントの世界を支えてくれる存在でもあります。

番組を観ることに加えて、関連する本を読むことで更に楽しみが増えていく。

そうした番組の良きパートナーとなり得るであろう本をご紹介することで、「楽しみ方の積み重ね」を提案したかったのです。(ちなみに担当のキクチ自身、本が大好きだったことも企画した理由の一つです…)

だれが本をえらんでるの?

日本でも有数のブックディレクターである幅允孝さんに、ブッククラブの部長を務めていただいています。

幅允孝 Yoshitaka Haba
有限会社BACH(バッハ)代表。ブックディレクター

人と本の距離を縮めるため、公共図書館や病院、動物園、学校、ホテル、オフィスなど様々な場所でライブラリーの制作をしている。最近の仕事として札幌市図書・情報館の立ち上げや、ロンドン、サンパウロ、ロサンゼルスのJAPAN HOUSEなど。2020年7月に開館した安藤忠雄建築の「こども本の森 中之島」ではクリエイティブ・ディレクションを担当。近年は本をリソースにした企画・編集の仕事も多く手掛ける。早稲田大学文化構想学部、愛知県立芸術大学デザイン学部非常勤講師。
Instagram : @yoshitaka_haba

幅さんには、毎月の「テーマ」に沿って、番組から得られる物語性やイメージをもとに本をセレクトして、コメントを添えてご紹介いただきます。

へー、そんな本があるんですか?
あ、この本読みました!

などなど、
本好きのキクチはいつも興奮しながらお話を伺っています。

部長の幅さんとは、世の中の状況をみながらですが、いつかは参加型のイベントなども企画していきたいねと話をしています!

これまでのテーマ

このブッククラブ企画は2020年の6月にスタートしました。これまでのテーマは以下です。

6月:映画
7月:ジョーカー
8月:全米オープンテニス
9月:ラ・リーガ
10月:三谷幸喜

過去の選書ラインナップ(幅さんの選書理由も!)は
こちらからチェックすることができますので、ぜひご覧になってください。

今後の発信について

毎月のテーマに沿ったおすすめ番組と関連する本を記事としてまとめ、noteをご覧になるみなさんにお届けしてゆきます。また選書した本のプレゼントなども予定しています。

先に番組を観るのもよし、本から入るのもまた一つの楽しみ方。「自分だったらどんな本を選ぶだろう?」と、想像しながら読んでみるのも、おもしろいかもしれません。

あなたにとって番組や本との新しい出会いになることを願っています。

これからどうぞよろしくお願いします。

スキ、嬉しいです!ありがとうございます!
24
WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

こちらでもピックアップされています

WOWOWブッククラブ
WOWOWブッククラブ
  • 3本

毎月のテーマに沿ったおすすめ番組と関連する本を記事としてまとめ、noteをご覧になるみなさんにお届けしてゆきます。あなたにとって番組や本との新しい出会いになることを願っています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。