見出し画像

「女性はこうあるべき」という押し付けについて、ある台湾映画から考える #観て、学ぶ。映画の中にあるSDGs from安田菜津紀

 SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の国際目標。地球上の「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」ことを誓っています。
 フィクションであれ、ノンフィクションであれ、映画が持つ多様なテーマの中には、SDGsが掲げる目標と密接に関係するものも少なくありません。たとえ娯楽作品であっても、視点を少し変えてみるだけで、われわれは映画からさらに多くのことを学ぶことができるはず。フォトジャーナリストの安田菜津紀さんが、映画をきっかけにSDGsを紹介していき、新たな映画体験を提案するエッセイです。

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda

今回取り上げるのは、台北郊外の幸福路という町を舞台に、主人公チーと、そこに生きる人々の半生を描いた『幸福路のチー』('17)です。

画像5

登場人物たちの歩みからは、激動の台湾の歴史が見えてきます。その中でもジェンダーに焦点を当て、「目標5:ジェンダー平等を実現しよう」について考えていきたいと思います。

画像1

(SDGsが掲げる17の目標の中からピックアップ)

子どもがいてこそ一人前。それって当たり前?

 「お子さんいらっしゃるの?」「早く(子どもを)生んだ方がいいわよ」「子どもがいてこそ一人前よ」…とりわけ30代になってから、何度となく掛けられてきた言葉だ。子どもについての問いは、本来とても繊細なものだと思う。私は結婚して9年がたつ。仕事柄、私たち夫婦は国内外を飛び回り、子どもはまだいない。いつかは欲しいと思っている。ところが私の体は排卵がうまくできず、薬に頼ることもある。最近では生理が来るたびに、「ああ、またダメだった」と落ち込んだりしていた。子どものことを聞かれると、奥底にしまい込んでいたはずの不安が、一気に心の表面すれすれまで浮かび上がってくるのが分かる。

 ある時、写真展に来場してくれた知人が、彼女の息子と私たち夫婦が写っている写真をネットにアップした。それを誰かがまとめサイトに掲載し、「どうやら5歳くらいの子どもがいるらしい」とコメントを添えていた。それを見た人たちから「お子さんいらっしゃるんですよね?」と尋ねられることが増え、さらに戸惑っている。
 こうして、「結婚したら次は出産」「子どもがいてこそ一人前」が当たり前であるかのような言葉に、息苦しさを覚えたり、圧力のように感じたりしているのだと思う。

画像2

 『幸福路のチー』の主人公は、私とほぼ同世代の女性だ。舞台は台湾の、下町のような街並みが広がる「幸福路」。人々の生活の染み込んだビルがひしめき合う中、優しいタッチのアニメーションに、ファンタジックなシーンがちりばめられ、主人公チーの世界観にぐいぐいと引き込まれる。

 実は台湾には一度も行ったことがない。学生時代、トランジットで空港内に一泊したことはあるものの、街中に出る機会は残念ながらなかった。だからこそ主人公チーの人生に凝縮されている、台湾の激動の歴史が鮮烈に心に刻まれた。

 蔣介石が「中華民国」とした台湾では、人々が日常の生活で使っていた「台湾語」ではなく、国語として「中国語」を教えられる。1945年までは日本の支配を受けていたために「日本語」、その後は「中国語」、と「上からの言葉」の教育が続いてきた。チーは蔣介石が亡くなった日に生まれている。彼女の小学校の先生も、教室で「台湾語」を厳しく排除した。また、台湾では長らく戒厳令が敷かれ、言論の自由が抑え付けられていた。警察に狙われた親戚は、逃れるようにしてアメリカへと渡った。そんな社会情勢にも変化が訪れ、チー自身もやがて、デモに身を投じるようになる。ところが大学の卒業が迫り、現実が突き付けられる。自分は一体、何になりたいのか。そして親の期待をどこまで受け止めればいいのか、と。そんな折に、アメリカに渡っていた親戚に誘われ渡米し、そしてアメリカ人であるパートナーと出会う。

 台湾の歴史も印象深かったが、ジェンダーの問題を考えさせられるシーンも見受けられた。「女に政治は分からない」という偏見に満ちた発言が、ところどころで耳に入ってくる。そして「子どもはまだ?」とずけずけ尋ねてくる親戚たちもいれば、「子どもを作ったら夫婦の絆も深まるわ」と、チーを思うからこそ声を掛けてくる母の姿があった。そこには、「女性は子どもを生んでしかるべき」という考えが前提として存在し、そうした声にさらされるたびに、チーはたまらなく息苦しくなるのだ。

 彼女が親戚の輪から抜け出し、ひっそりと陰にうずくまった時、思わずその動揺に自分の心を重ねてしまった。実は彼女はこの時、妊娠していた。けれどもパートナーとは既に、生き方の違いが浮き彫りになっていた。子どもを望まない夫を前に、自分の「帰る場所」はどこなのかとチーは思い悩む。「子ども」を巡っての、世代間、パートナー間での価値観の違いのはざまで、チーの心は激しく揺さぶられていた。

『幸福路のチー』に学ぶ台湾のジェンダー平等の現在地。そして日本は?

画像3

 今回SDGsの中で「目標5:ジェンダー平等を実現しよう」を選んだのは、「女性とはこうあるべきだ」という「べき論」の押し付けを越え、どのように自己決定が尊重される社会を築けるだろうかと、私はこの映画から、そして近年の台湾の社会から考えたからだ。

 台湾はこの数年だけを見ても、大きく変貌を遂げているように思う。2014年、立法院の占拠に至った「ひまわり学生運動」は、世界から大きく注目され、そして成果を上げた。『幸福路のチー』でも、ちらりとそのニュース報道に触れている。その後、一部学生により「時代力量」という政党も設立された。一方、コロナ対策では、IT大臣として素早い対応が注目されたオードリー・タン氏の活躍が目覚ましい。オードリー・タン氏が大臣に選ばれたのは、学歴や、「そろそろ大臣をやらせてあげよう」という忖度(そんたく)ではない。「適材適所」を考えた結果なのだ。チーの小学校には、青い目、金髪で台湾語を話す少女がいたが、近年では台湾人と結婚した海外出身者である「新住民」の支援にどう力を注いでいくかが盛んに議論されている。

 そして注目すべきは、立法委員(国会議員)の女性比率が4割を超え、アジア・トップの高さを誇っていることだ。県や市議会議員の女性比率も3割を超える高い水準だ。今年1月の総統選挙で再選した蔡英文氏も、女性初の総統だ。

 これまでちまたで聞かれる台湾の話といえば、「親日的だ」といううたい文句だ。この「台湾は親日的」という言葉を決して否定はしない。恐らく親しみを込めて使っているのだろう。けれども私は時々その言葉の中に、「日本より遅れている台湾」「だからインフラを日本が整備したことが感謝されている」と、「上から目線」を感じてしまうことがある。けれども今、ジェンダーギャップ指数が世界153カ国中121位(世界経済フォーラム 2019年12月17日発表)、衆院議員の女性の割合が10%に満たない日本社会(令和2年6月17日時点で議員数465人に対し、女性議員数は46人)が、台湾から学ぶべきことが多々あるように思う。

安田さんプロフ

▼作品詳細はこちら

画像6

クレジット:©Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

スキ、嬉しいです!ありがとうございます!
99
WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

こちらでもピックアップされています

映画のはなし シネピック
映画のはなし シネピック
  • 14本

新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、スピードワゴン・小沢一敬さん、作家・山崎ナオコーラさん、フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん、映画アドバイザーのミヤザキタケルさんといった個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さらに映画に造詣の深い書き手が月替わりで担当する深掘りコラムも毎月登場。さまざまな角度から映画の魅力をひも解いていきます。 過去のシネピックの記事はこちらからご覧になれます→http://blog2.wowow.co.jp/movie/