見出し画像

清原果耶はなぜ「強い」のか 複数作品から考える #シネピック映画コラム

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は映画ライターのSYOさんが今注目の18歳、清原果耶の歩みを複数作品から考察したコラムです。

文=SYO @SyoCinema

さまざまな役柄で見せる確かな芯の強さ

「いま最も勢いのある若手女優」に間違いなく食い込んでくる逸材、清原果耶。人気だけでなく、演技力も傑出した本格派女優だ。

 清原は、2002年生まれの現在18歳。中学生の時、芸能事務所主催の新人発掘オーディションで約3 万人の中から選出された彼女は、映画『3月のライオン』2部作('17)やドラマ『透明なゆりかご』('18)の迫真の演技で一気に注目を浴び、いまや新作映画が5本も待機、2021年の“朝ドラヒロイン”にも選ばれるほどの人気女優に急成長を遂げた。

 清原の演技を一言で表すなら、清らかで芯の強い“ブレない御神木”。華奢な身体から繰り出される純度の高い感情表現は、ちょっとやそっとの衝撃では倒れないほどに分厚く、観る者の心の拠り所となり、想いを共振させる。9月公開の主演映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』で共演した大女優、桃井かおりをもってして、「孤独な女優」と言わしめた実力の持ち主だ。

 前述の『3月のライオン』では、神木隆之介演じるプロ棋士の“生きる理由”となる真っ直ぐなヒロインを、力強く演じ切った清原。この映画では同級生をかばい、いじめの標的となるも、「後悔なんてしない!」と毅然とした態度を貫く(しかし涙を流しながら、というのがグッとくるポイントだ)女子中学生に扮している。『るろうに剣心』シリーズ('12~'21)『影裏』('20)の名匠、大友啓史監督が認めたオーラは、本物だ。

 同作で演じたヒロインが象徴するように、清原には逆境を乗り越えていくキャラクターがよく似合う。そのひとつが、広瀬すず松岡茉優といった“先輩”たちとかるたクイーンの座を懸けて争う、若き天才かるた選手になりきった『ちはやふる -結び-』('18)だ。

 本作は、実写版『ちはやふる』シリーズの第3弾であり、完結編。広瀬が扮する主人公・千早と松岡が演じるかるたクイーン・詩暢の対決が主軸であり、そこに割って入るキャラクターかつ、もう関係性が出来上がっている作品に入っていくのは、どれほどのプレッシャーだっただろう。

画像4

 しかも輪をかけて困難なのは、彼女の役は映画オリジナルのキャラクター。他の面々と異なり、原作の中にモデルを探すことができないのだ。さらに、新田真剣佑演じる千早の幼なじみ 、新を愚直に想い続ける後輩という設定も足され、試合とは別に、ヒロインとの恋の三角関係にも参戦することになる。さらにさらに、福井弁で話すという試練も課されているが、福井県出身の筆者から見ても違和感がないレベルに仕上げており、清原のパフォーマンスの高さには心底驚かされる。

 白眉といえるのは、千早との試合中に「“しの”を取るのは私や!」と激昂するシーン。この“しの”とは「しのぶれど色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで」の札であり、詩暢を象徴するもの。この札にこだわる姿には「自分こそがクイーンを倒す」という確固たる決意が滲んでおり 、その鬼気迫る形相は千早をたじろがせる。清原の“得意札”である「芯の強さ」が前面に押し出された、名場面といえるだろう。

 原作ファン的には、映画オリジナル・キャラクターはときとして、受け入れがたいものだ。しかし清原は全身全霊の熱演でその“逆風”を消し去り、キャラクターに説得力と存在意義を与えている。これもまた、彼女の功績として語り継がれていくことだろう。

 そして、『新聞記者』('19)で一世を風靡した藤井道人監督との初タッグとなった映画『デイアンドナイト』もまた、彼女の「強さ」を堪能できる一本だ。本作では、約500人の候補者からヒロインに選出されたという。

画像1

作品に調和をもたらす圧倒的な存在感

「善と悪は、どこからやってくるのか」がテーマとなった本作は、藤井監督ならではのハイセンスな映像美と、心をえぐるストーリーが融合した骨太な社会派ドラマ。山田孝之がプロデュースに挑戦し、『キングダム』('19)のバジオウ役などで知られる阿部進之介が企画・原案・主演を務めた。

 勤務先の不正を内部告発した父が自殺に追い込まれ、世の中に絶望した主人公、明石(阿部)。彼は、偶然知り合った児童養護施設の代表、北村(安藤政信)のもとで働き始めるが、彼が孤児たちを養うために裏稼業に手を染めていることを知る。やがて北村に加担するようになった明石は、自分の中の善悪の境界線が不明瞭になっていき……。

 『デイアンドナイト』で清原に与えられた役は、児童養護施設で暮らす少女・奈々。明石と心を通わせる存在で、彼の動向を気にかけつつ、北村の“裏の顔”にも感づいている。さらに、ある過酷な運命が彼女を待ち受けていて……。まぁ、とにかく超が付くほどの難役だ。

 主要キャラクターが絞られ、映像の“圧”も強い本作では、軽い演技をすれば作品の調和を乱すことにもなりかねない。何より、個々の善悪の概念が瓦解していくえぐ味を描き出す作品の中で、純粋な“善”として立ち続けられる強度が求められるポジションであり、責任は超重大。しかし、彼女がスクリーンに刻み付けた存在感は、クリエイター陣の期待値を大幅に更新してきたのではないか?と勘繰りたくなるくらいに、無二の輝きを放っている。

画像2

 なお、清原は本作の主題歌で歌手デビュー(役名の大野奈々名義)も飾っており、RADWIMPSの野田洋次郎が作詞・作曲・プロデュースを手掛けた「気まぐれ雲」を、透き通るような歌声で披露している。

演技派俳優への道を力強く歩み続ける

 本作で圧倒的な存在感を見せつけた結果、藤井監督との再タッグ作『宇宙でいちばんあかるい屋根』では、主人公に“昇格”。こちらは中学生のひと夏の成長を見つめたハートフルドラマで、『デイアンドナイト』とは一味違った等身大のみずみずしさを披露している……のだが、相変わらず“泣き”の演技がすさまじい。

 こちらでは、これまでを逆手に取った「弱さ」を見せており、精神的に未熟な主人公が、思いを抱えきれずに泣きはらしてしまう場面など、観る者に懐かしい“思春期の痛み”を呼び起こさせることだろう。ちなみに本作でも主題歌「今とあの頃の僕ら」を担当している(こちらはCoccoプロデュース。またまた名曲)。

 他の出演作を見ても、横浜流星と共演した『愛唄 約束のナクヒト 』('19)は闘病中の天才詩人を熱演しており、ドラマ『俺の話は長い』('19)では生田斗真、安田顕、小池栄子、原田美枝子といったそうそうたるメンバーを前に、一歩も引かない安定した演技を披露。演技達者でありながらテクニックに溺れず、果敢に役に同調していく清原。複雑な役どころを演じても演技が濁らないのも、彼女の“強さ”だろう。

 今後も、堤真一石田ゆり子と家族を演じた骨太なサスペンスミステリー『望み』(10月公開予定)や、成田凌との共演作『まともじゃないのは君も一緒』(11月公開予定)佐藤健、阿部寛、林遣都と共演する『護られなかった者たちへ』('20年公開予定)など、演技スキルが必須の話題作が続く。

 驚異的な速度で、だが着実に、日本映画界に欠かせない演技派俳優へと歩を進める清原果耶。その足取りもまた、強く頼もしい。

SYOさんプロフ

▼作品情報はこちら


クレジット:
『デイアンドナイト』:(C)「デイアンドナイト」製作委員会 『ちはやふる-結び-』:(C)2018 映画「ちはやふる」製作委員会 (C)末次由紀/講談社


スキ、嬉しいです!ありがとうございます!
32
WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

こちらでもピックアップされています

映画のはなし シネピック
映画のはなし シネピック
  • 14本

新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、スピードワゴン・小沢一敬さん、作家・山崎ナオコーラさん、フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん、映画アドバイザーのミヤザキタケルさんといった個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さらに映画に造詣の深い書き手が月替わりで担当する深掘りコラムも毎月登場。さまざまな角度から映画の魅力をひも解いていきます。 過去のシネピックの記事はこちらからご覧になれます→http://blog2.wowow.co.jp/movie/