WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を…

WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

マガジン

  • #エンタメ視聴体験記

    WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、書き手が今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載。お笑い芸人の中山功太さんとぼる塾・酒寄希望さんを書き手にお迎えして贈る本企画が、ご好評につき連載継続決定! お2人は23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

  • #エンタメ視聴体験記 ~中山功太 meets WOWOW~

    お笑い芸人の中山功太さんが、WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載!中山さんは、23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

  • #エンタメ視聴体験記 ~酒寄希望 meets WOWOW~

    お笑い芸人のぼる塾・酒寄希望さんが、WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載!酒寄さんは、23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

  • 声を届ける:WOWOWの作り手たち

    映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ステージ、ドキュメンタリー…多彩なジャンルの番組をお届けしているWOWOW。番組・企画の制作に熱い想いを持つプロデューサー陣や出演者等の、WOWOWの作り手たちが語るコラムを集めました。

  • 映画のはなし シネピック

    新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、スピードワゴン・小沢一敬さん、フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん、映画ライターSYOさんなど個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さまざまな角度から映画の魅力を紐解いていきます。

記事一覧

清原果耶はなぜ「強い」のか 複数作品から考える #シネピック映画コラム

文=SYO @SyoCinema さまざまな役柄で見せる確かな芯の強さ「いま最も勢いのある若手女優」に間違いなく食い込んでくる逸材、清原果耶。人気だけでなく、演技力も傑出し…

WOWOW
3年前
54

『35年勤めてきました。ここが家です』 スピードワゴン・小沢さんが語る映画の名セリフのこと #このセリフに心撃ち抜かれちゃい…

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken ──今回からこの連載は、noteに場所を移してリニューアルされました。 小沢一敬(以下、小沢)「うん、なんかそうらしいね」 ──こ…

WOWOW
3年前
6

是枝裕和監督作における樹木希林とカトリーヌ・ドヌーヴ #シネピック映画コラム

文=轟夕起夫 @ NetTdrk カトリーヌ・ドヌーヴと樹木希林の姿が重なる  あれは2018年の初夏だったか、『万引き家族』(‘18)が第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを…

WOWOW
3年前
15

コロナ禍の今、『ぼけますから、よろしくお願いします。』から考える「支え合う力」 #観て、学ぶ。映画の中にあるSDGs from安田…

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda  今回、取り上げるのは認知症の母、介護する高齢の父の姿を娘の視点で撮り続けたドキュメンタリー『ぼけますから、よろしくお願いしま…

WOWOW
3年前
39

清原果耶はなぜ「強い」のか 複数作品から考える #シネピック映画コラム

文=SYO @SyoCinema

さまざまな役柄で見せる確かな芯の強さ「いま最も勢いのある若手女優」に間違いなく食い込んでくる逸材、清原果耶。人気だけでなく、演技力も傑出した本格派女優だ。

 清原は、2002年生まれの現在18歳。中学生の時、芸能事務所主催の新人発掘オーディションで約3 万人の中から選出された彼女は、映画『3月のライオン』2部作('17)やドラマ『透明なゆりかご』('18)の迫

もっとみる

『35年勤めてきました。ここが家です』 スピードワゴン・小沢さんが語る映画の名セリフのこと #このセリフに心撃ち抜かれちゃいました

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken

──今回からこの連載は、noteに場所を移してリニューアルされました。

小沢一敬(以下、小沢)「うん、なんかそうらしいね」

──ここでは毎回、小沢さんがチョイスした映画の名セリフについて語っていただいてるんですが、こういう形で映画について掘り下げて考えていくという作業は、小沢さんにとっても何か得られるものがあったりするんでしょうか?

小沢「得られる

もっとみる

是枝裕和監督作における樹木希林とカトリーヌ・ドヌーヴ #シネピック映画コラム

文=轟夕起夫 @ NetTdrk

カトリーヌ・ドヌーヴと樹木希林の姿が重なる  あれは2018年の初夏だったか、『万引き家族』(‘18)が第71回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞して間もない頃、早くも是枝裕和監督の新作に関する第一報が飛び込んできたのだ。フランスでの撮影を予定し、現地のスタッフとタッグを組むというその作品はまだ原題で『La Vérité(仮)』とされていた。

 出演者は、フ

もっとみる

コロナ禍の今、『ぼけますから、よろしくお願いします。』から考える「支え合う力」 #観て、学ぶ。映画の中にあるSDGs from安田菜津紀

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda

 今回、取り上げるのは認知症の母、介護する高齢の父の姿を娘の視点で撮り続けたドキュメンタリー『ぼけますから、よろしくお願いします。』(‘18)です。

 高齢化が進む中、介護、福祉の現場は課題が山積み。この映画を通して「目標3:すべての人に健康と福祉を」「目標11:住み続けられるまちづくりを」について考えていきたいと思います。

(SDGsが掲げる1

もっとみる