WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を…

WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

マガジン

  • #エンタメ視聴体験記

    WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、書き手が今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載。お笑い芸人の中山功太さんとぼる塾・酒寄希望さんを書き手にお迎えして贈る本企画が、ご好評につき連載継続決定! お2人は23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

  • #エンタメ視聴体験記 ~中山功太 meets WOWOW~

    お笑い芸人の中山功太さんが、WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載!中山さんは、23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

  • #エンタメ視聴体験記 ~酒寄希望 meets WOWOW~

    お笑い芸人のぼる塾・酒寄希望さんが、WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載!酒寄さんは、23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

  • 声を届ける:WOWOWの作り手たち

    映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ステージ、ドキュメンタリー…多彩なジャンルの番組をお届けしているWOWOW。番組・企画の制作に熱い想いを持つプロデューサー陣や出演者等の、WOWOWの作り手たちが語るコラムを集めました。

  • 映画のはなし シネピック

    新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、スピードワゴン・小沢一敬さん、フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん、映画ライターSYOさんなど個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さまざまな角度から映画の魅力を紐解いていきます。

記事一覧

【9月号】週刊マンガWOWOW アーカイブ

はじめに…皆さまにより良い番組をお届けすべく、日々奮闘しているWOWOW社員たち。 その知られざる姿をぜひお伝えしたいと思い、毎月さまざまなジャンルの番組にフォーカス…

WOWOW
1年前
41

“ステージ派”なら押さえたい! 10月の必見舞台5作品!

 こんにちは。7月にWOWOW公式noteの“中の人”デビューした「自称WOWOW社内指折りの“ステージ派”」Fです。  9月3日に、「ズバリ!いまWOWOWでしか見られない」(※)と…

WOWOW
1年前
23

アルバム『深海の街』収録楽曲とキャリアを彩る名曲の数々とを紡いで、ひとつの「ストーリー」を構成した松任谷由実。最新ツアー…

撮影:田中聖太郎  人類が激動の渦の中に飲み込まれた2020年。世界の歴史に残るであろうこの時代を、シンガーソングライターとして作品に刻みたいー松任谷由実は強い覚悟…

WOWOW
1年前
27

【斎藤工:インタビュー】自身の番組での“役割”と、「ゴリ押し」映画について語ってもらった。

取材・文=小田慶子 「『映画工房』が誰かにとって映画を好きになるための軽やかな入り口になれたら」   2022年も話題作『シン・ウルトラマン』に主演するなど、日本映…

WOWOW
1年前
36

エッジの利いた役に挑戦する鈴木亮平。ブレない体幹に裏打ちされた“分厚さ”を考察する

文=SYO @SyoCinema  脳内で顔を思い浮かべるとき、なぜかいつも笑顔の人がいる。きっとそれは、自分のその人に対するイメージが「明るさ」や「優しさ」、「包容力」で…

WOWOW
1年前
45

イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「シネ・ピピア」(兵庫・宝塚)〜

名画や良作を上映し続けている全国の映画館を、WOWOWシネマ「W座からの招待状」でおなじみのイラストレーター、信濃八太郎が訪問。それぞれの町と各映画館の関係や歴史を…

WOWOW
1年前
25
【9月号】週刊マンガWOWOW アーカイブ

【9月号】週刊マンガWOWOW アーカイブ

はじめに…皆さまにより良い番組をお届けすべく、日々奮闘しているWOWOW社員たち。
その知られざる姿をぜひお伝えしたいと思い、毎月さまざまなジャンルの番組にフォーカスして制作の裏側をマンガでご紹介します!
プロデューサーからの熱のこもったコメントとともにお楽しみください!
*Twitterでは毎週水曜日に更新中です。アカウントはこちら

第1回 スポーツ部 テニス班 坂野プロデューサー<坂野Pから

もっとみる
“ステージ派”なら押さえたい! 10月の必見舞台5作品!

“ステージ派”なら押さえたい! 10月の必見舞台5作品!

 こんにちは。7月にWOWOW公式noteの“中の人”デビューした「自称WOWOW社内指折りの“ステージ派”」Fです。
 9月3日に、「ズバリ!いまWOWOWでしか見られない」(※)という9月放送のステージ5作品を紹介しました。大変幸いなことにご好評の声をいただき、このたび念願の「月刊化」をさせていただくことになりました!
 こちらの記事では、来たる10月に放送される5作品を取り上げます。社内でも

もっとみる
アルバム『深海の街』収録楽曲とキャリアを彩る名曲の数々とを紡いで、ひとつの「ストーリー」を構成した松任谷由実。最新ツアーの中から東京公演の模様をいよいよ9/24(土)独占放送・配信!

アルバム『深海の街』収録楽曲とキャリアを彩る名曲の数々とを紡いで、ひとつの「ストーリー」を構成した松任谷由実。最新ツアーの中から東京公演の模様をいよいよ9/24(土)独占放送・配信!

撮影:田中聖太郎

 人類が激動の渦の中に飲み込まれた2020年。世界の歴史に残るであろうこの時代を、シンガーソングライターとして作品に刻みたいー松任谷由実は強い覚悟をもって、12月1日に通算39枚目のオリジナルニューアルバム『深海の街』を発表した。
  アルバム発表にともなう全国ツアーはコロナ禍の影響もあり、翌年9月30日開幕。年をまたいで2022年7月まで、スケジュールを3期に分けて全63公演

もっとみる
【斎藤工:インタビュー】自身の番組での“役割”と、「ゴリ押し」映画について語ってもらった。

【斎藤工:インタビュー】自身の番組での“役割”と、「ゴリ押し」映画について語ってもらった。

取材・文=小田慶子

「『映画工房』が誰かにとって映画を好きになるための軽やかな入り口になれたら」 

 2022年も話題作『シン・ウルトラマン』に主演するなど、日本映画界に欠かせない俳優として活躍。自ら映画監督としてもメガホンを取り、ミニシアターの支援活動も行なう映画愛にあふれた斎藤工。視聴者に“映画の見方”を伝える番組「映画工房」に懸ける情熱も、衰えを知らない。

斎藤「映画って単体の“点”で

もっとみる

エッジの利いた役に挑戦する鈴木亮平。ブレない体幹に裏打ちされた“分厚さ”を考察する

文=SYO @SyoCinema

 脳内で顔を思い浮かべるとき、なぜかいつも笑顔の人がいる。きっとそれは、自分のその人に対するイメージが「明るさ」や「優しさ」、「包容力」で埋め尽くされているからなのだろう。俳優・鈴木亮平は、自分にとってそんな存在のうちのひとりだ。

 演技の体幹の良さ、とでもいうのだろうか、画面に映る鈴木亮平の芝居は、まずもって軸がブレない。それは人物によらず、ひょっとしたら演

もっとみる
イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「シネ・ピピア」(兵庫・宝塚)〜

イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「シネ・ピピア」(兵庫・宝塚)〜

名画や良作を上映し続けている全国の映画館を、WOWOWシネマ「W座からの招待状」でおなじみのイラストレーター、信濃八太郎が訪問。それぞれの町と各映画館の関係や歴史を紹介する、映画ファンなら絶対に見逃せないオリジナル番組「W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~」。noteでは、番組では伝え切れなかった想いを文と絵で綴る信濃による書き下ろしエッセイをお届けします。今回は兵庫・宝塚の「シネ・ピピア」を訪れた時

もっとみる