見出し画像

笑の大学、そしてトニー賞がやってくる!ノミネーション作品もご紹介。“ステージ派”なら押さえたい!6月の必見舞台・番組2本!

こんにちは。WOWOW社員の福井です。今回は6月に放送される、WOWOWでしか見られない舞台、番組2作品(※)を取り上げます。
すごく見たい舞台でも、チケットが取れなかったり上演会場が遠かったりして生で見られないことってありますよね。WOWOWはそういった作品も映像で全国の方にお届けする存在でありたいと思っています。
本コラムも、舞台好きな皆さんの鑑賞をさらに豊かにする一助になれれば幸いです(注:見どころに触れている箇所もあります!)。コメント欄もご利用いただけまーす♪
(※執筆時点でDVDなどは確認できない、放送時に字幕ありで見られるのはWOWOWだけである作品、など)
表紙の画像:三谷幸喜「笑の大学」 (撮影:細野晋司)
5月の必見舞台4作品はこちら!
WOWOWへのご加入はこちら

【Don't miss out!6月のWOWOW舞台・番組2選】

①生中継!第76回トニー賞授賞式 6月12日(月)前8:00 (同時通訳) 
 6月17日(土)後9:00(字幕版)

Getty Images

 いよいよ「第76回トニー賞授賞式」がやってきます!”ステージ派”の皆さんが心待ちにしている祭典の日。昨年に引き続きホストはアリアナ・デボーズが務めます。

トニー賞とは?
該当期間中にニューヨークのオン・ブロードウェイで開幕した演劇、ミュージカル作品を対象に贈られる賞です。作品賞や俳優賞に加えて演出家などスタッフへの賞が演劇とミュージカルそれぞれの部門に設けられています。
その授賞式の様子を生中継します。当日にはノミネーション作品のパフォーマンスもあり、海外作品への憧れに胸が高鳴る日です。ナビゲーターは井上芳雄&宮澤エマです。

歴代で福井の印象に残る受賞作品は…
演劇作品・・・リーマン・トリロジー(The Lehman Trilogy)、戦火の馬(War Horse)
ミュージカル作品・・・ONCEワンス ダブリンの街角で(Once)、ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~(Billy Elliot)

さて、今回はノミネーション作品を見ていきたいと思います。

【ミュージカル作品賞】
「&ジュリエット」

 もし「ロミオとジュリエット」の最後にジュリエットがロミオを追って死を選ばなかったら…?という設定から始まる、意欲的かつポップなコメディ作品。"Roar"、"Larger Than Life"など90年代以降のヒットソングで彩られた煌びやかなステージングに魅せられます。

「キンバリー・アキンボ」
 各誌で高く評価されています。「ラビット・ホール」などで知られるデヴィッド・リンゼイ=アベアーによる戯曲です。難病を患った16歳の主人公を演じるのはトニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞したこともあるベテラン女優、 ヴィクトリア・クラーク(今回もノミネートされています)。

「ニューヨーク・ニューヨーク」
 1946年、戦後の活気を取り戻したニューヨークを舞台に夢を抱く芸術家たちを描きます。作詞&作曲は「キャバレー」や「シカゴ」を手掛けたジョン・カンダー&フレッド・エブのコンビ。今回はさらに新しい楽曲も加わり、その歌詞をリン=マニュエル・ミランダが担当。ミュージカル音楽好きにはたまらない1本ですね。

「シャックト」
 コメディ作品です。舞台はトウモロコシの生産で有名な架空の地域コーンコブ群。突然の不作が襲います。そんなピンチを救うべく主人公の少女は立ち上がりフロリダ州のタンパへと旅に出ます。作詞&作曲はグラミー賞受賞歴のあるブランディ・クラーク & シェーン・マカナリー。脚本は「トッツィー」のロバート・ホーン。気になります…!

「お熱いのがお好き」
 今回の最多ノミネーション作品。ご存じマリリン・モンロー主演の同名映画を元にしています。作詞を手掛けたのは「ヘアスプレー」のスコット・ウィットマン& マーク・シャイマン、演出と振付は「ブック・オブ・モルモン」等で知られるケイシー・ニコロウ。あのスリリングさ、楽しさ、お洒落な空気感がどんな風に舞台で表現されたのか。パフォーマンスが楽しみです!

【演劇作品賞】
エイント・ノー・モー」
 「もし米国政府がレイシズムを解決するために、アフリカ系アメリカ人にアフリカ行きの片道切符を提供したら?」というテーマから掘り下げるコメディ。風刺的で、アヴァンギャルドな意欲作。

「ビトゥイーン・リヴァーサイド・アンド・クレイジー」
 2014年にオフ・ブロードウェイで初演。ついにオン・ブロードウェイでの上演となった注目作です。レントコントロールの適用されたNYのアパートを舞台に、住居を守ろうと奮闘する父子を描きます。2015年にピューリッツァー賞を受賞。

「コスト・オブ・リヴィング」
 2016年の初演の後、2018年にピューリッツァー賞を受賞。登場するのは2組の障害者と健常者のペア。それぞれの人生が交錯する様を描きます。3人が俳優賞にノミネートされていて演技の評価の高さも窺えますね。

「ファット・ハム」
 2022年、オフ・ブロードウェイでチケット完売の人気を博しピューリッツァー賞を受賞。「ハムレット」をもとに、父の亡霊から殺人の復讐を果たすよう求められた青年を描きます。

「レオポルトシュタット」
 「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」で知られる英国の劇作家、トム・ストッパードの最新作。2020年のオリヴィエ賞作品賞受賞作品です。20世紀前半のオーストリアに生きたあるユダヤ人一族の一大叙事詩で、ストッパードの自伝的要素も含まれています。日本初演版およびNTLive版を拝見しましたが、数時間の間に多くの命と人生が色濃く浮かび上がるすばらしい戯曲でした。

多くは観劇していないので受賞予想はできません…(涙)。他部門でも気になる作品がたくさんあるので、ぜひ授賞式の模様を一緒に楽しみましょう。

生中継!第76回トニー賞授賞式の詳細はこちら

②三谷幸喜「笑の大学」 6月24日(土)後7:00

 本作品の情報解禁ニュースを見た私は、”今すぐ世界に向かって拡声器で共有したい…!”と思いました。世界の演劇ファンが認めた名作であり、人生で一度は生で見たいと願った1本だったからです。初演は1996年。同年度の読売演劇大賞「最優秀作品賞」を受賞した後、ロシア、韓国、中国、フランスで翻訳上演されてきました。しかし、1998年の再演以来、国内での上演はなかったため、私はDVDでしか見たことがありませんでした。

<あらすじ>
時は戦時色濃厚な昭和15年。取調室にいる警視庁検閲係・向坂睦男(内野聖陽)と劇団「笑の大学」座付き作家・椿一(瀬戸康史)。非常時に喜劇など断じて許さないとする向坂は、上演中止に追い込もうと執拗なまでの注文を繰り返す。なんとか上演許可をもらいたい椿は、向坂が要求する無理難題を逆手に取りながら、あくまで真正面からの書き直しに挑戦する。

 向坂と椿のやりとりは、喜劇芝居の台詞を巡って議論するため言葉の面白さがあるのですが、次第にもっと多くの要素が浮かび上がってきます。舞台上でぶつかり合う2つの信念。心から笑ったことがない向坂と笑いのすばらしさを謳う椿、それぞれのそれまでの人生が背後に見えてくるような説得力があります。
 ところが、反発し合うように見える互いの熱量は舞台上で交わり合い次第に影響し合っていきます。その描き方に”あざとさ”もある上に、後半、“人の心が動く瞬間”にバチっと行き着いて、笑いながら涙してしまいます。人間の心が重なり合うことの美しさ、そこにエンターテインメントの役割もあることを確信させてもらえるような戯曲です。
 舞台は、人間のエネルギーを生で見ることができる醍醐味があると思うのですが、本作はその極みでした。逆向きの2つのエネルギーがいつしか同じ方向へと向いていく、その熱を浴びることができます(映像でもきっと味わえます!)。内野聖陽、瀬戸康史。この2人だからこそ生まれるリズム感も間も絶妙で、個人的にはジャズを聴いているときのようにドキドキしました。特に内野演じる向坂から滲み出る人間味はとてもとても愛おしいです。
 そんな非の打ちどころがない必見の1作。私の文章も長くなってしまいましたね。お見逃しなく。

三谷幸喜「笑の大学」の詳細はこちら

WOWOWステージの放送全番組リストはこちら

終わりに…

 最近プライベートで見た作品のなかで印象に残ったのは、爍綽と「デンジャラス・ドア」、ゆうめい「ハートランド」、SPAC「天守物語」、「舞台・エヴァンゲリオン ビヨンド」、劇団唐組「透明人間」、ルサンチカ「殺意(ストリップショウ)」、劇団た組「綿子はもつれる」、インバル・ピント「リビングルーム」などです。静岡で開催された「ふじのくに野外芸術フェスタ2023」&「ストレンジシード静岡2023」にも行ってきました~。ストリートや野外でのパフォーマンス、見るたびに新たな出会いがあって大好きです。皆さんも普段見ないタイプの舞台芸術との出会いを楽しんでみては?6月のWOWOWラインナップはジャンル豊富かつ名作ぞろいです。
 今月も、もう一度見たい作品がある皆様も、劇場に見に行けなかった作品がある皆様も、WOWOWステージをお楽しみいただければ幸いです。

【福井のプロフィル】
WOWOW入社5年目。
「ガラスの仮面」よろしく学校劇でお芝居が好きになり、高校ではミュージカル部、大学では舞台演出と劇場の仕事を勉強しました。アイルランドとロンドンに留学したり、今も劇団での活動をしたりしています。観劇数は年に80~100本ですが、まだまだ勉強中のジャンルもたくさんです。
<key words>
#アーサー・ミラー #iaku #イキウメ #CATS #木ノ下歌舞伎 # Kバレエ カンパニー #コナー・マクファーソン #ダンス・ダンス・ダンスール #鄭義信 #東京03 #東京芸術劇場 #ナイロン100℃ #ナショナル・シアター・ライヴ #二兎社 #ノゾエ征爾 #野田秀樹 #平田オリザ #Billy Elliot #宮城聰 #レ・ミゼラブル #RENT #RSC #ローザス #笑の大学
<最近のベスト>
「千と千尋の神隠し」、イヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出の「ガラスの動物園」、「笑の大学」、SPAC「天守物語」
<勉強中>
オペラ、宝塚、2.5次元舞台、落語など
 舞台好きが高じて、このようなコラムに挑戦します。「まぁやってみなさい」と言ってくださった先輩方に感謝…。
 WOWOWをご覧の舞台好きな皆さんと共感し合えることがあれば、という願いを込めて。お楽しみいただければ幸いです!

▼WOWOW公式noteでは、皆さんの新しい発見や作品との出会いにつながる情報を発信しています。ぜひフォローしてみてください

この記事が参加している募集

#私のイチオシ

51,209件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!