見出し画像

貧困に直面する芸人の僕が“貧困女子”のリアルを垣間見た【#エンタメ視聴体験記/中山功太】

 お笑い芸人の中山功太さんが、WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載企画「#エンタメ視聴体験記 ~中山功太 meets WOWOW~」
 今回は、東洋経済オンラインの人気連載をもとに“貧困女子”のリアルを描く、THE YELLOW MONKEY主題歌のドラマ「連続ドラマW-30 東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-」を見た体験を中山さんならではの視点で綴ります。

文=中山功太

 僕は2010年に上京してから現在に至るまで、途切れる事なく貧困状態である。人ひとりが抱えられる限界ほどの借金もある。

 一番苦しかったのは2014年頃だったろうか。この豊かな国、日本において、ガス・水道・電気、全てが止まり、食糧がゼロになり空腹に耐えきれず、腹をどついて寝た夜がある。なぜ腹をどついたかと言うと、僕は、満腹とは内側からの胃の刺激だと考えているからだ。空腹を外側から満たすには、腹をどついて胃を刺激する以外の手段はないのである。ダイエット中の方はぜひ自己責任でお試しあれ。

 つまりと言うか、何と言うか、僕は貧困なんて他人事だと思っていない。いま現在も直面している、大いなる問題であり、単なる日常だ。だけど、誰かに同情してほしいなどとは微塵も感じていない。それは当たり前の話だ。

 僕の貧困の原因はただ一つ、「芸人を続けているから」だ。

 勝手に芸人になって、勝手に売れずに、勝手に辞めていない、おのれの責任だ。
 仕事がないならバイトさせてもらえばいいのに、空いてる時間はYouTubeの生配信でお笑いをやりたいというエゴを貫いている。成るべくしてなった貧困男子である。
 ただ僕は自分を不幸だとは感じていない。人に恵まれ、毎日笑って、楽しく暮らせている。

 だけど、この度視聴した「連続ドラマW-30 東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-」に登場する貧困女子たちは違う。明らかに不幸だ。迫りくる死が香る人たちもいる。しかも単なるドラマではない。原作者のノンフィクション作家・中村淳彦氏の取材にもとづいた、圧倒的にリアルな日本の一つの漂流地点である。

 このようなハードな作品について語る時に「面白かった」と表現するのは違うのかも知れない。でも安心していただきたい。このドラマはイロモノ感などはなく、性についても扱っているが品がある。ドラマとして本当に面白かった。

 主人公の雁矢摩子(趣里)は離婚後、養育費を受け取っていないシングルマザーの編集者。ある日「女性の貧困」についての連載を担当する事になる。編集長に紹介された﨑田祐二(三浦貴大)は、とある理由から仕事を続けている、暗い過去を持つフリーの風俗ライター。全くウマが合わない2人が、貧困女性たちに取材を重ねる内に、雁矢摩子は自らも貧困女子の瀬戸際に立たされている事に気付く。

 雁矢摩子の母親・宮下菜穂子(高橋ひとみ)は摩子が成人するまで夫の暴力に耐え離婚し、孫の世話に追われ人生の意味を見失いかけているし、﨑田祐二の親友で、風俗店を経営する望月遼太郎(淵上泰史)は登場から怪しい匂いしかしない。
 登場人物のほとんどが訳ありなのだが、それをかき消すほどに響くのが、オムニバス形式で登場する貧困女子たちが取材の場でこぼす「叫び」だ。

 原作者・中村淳彦氏の取材をもとに、と言うよりも、恐らくそのままの言葉ではないかと感じた。貧困女子たちへのインタビューシーンは、本作の大きな見どころの一つだ。俳優が演じているとは思えないほどにリアルだ。嘘のない生臭い言葉たちは非常に重く、価値がある。このインタビューシーンだけで作品になり得るレベルだ。

 だが本作は、そんな女性たちへの取材を経て変化していくヒロインの心情や、コロナ禍以降の日本が抱え、抱えきれずこぼれ落ちている問題を見事に描いている。その上で「ドラマ」というエンターテインメントに仕上げているのが本当に凄まじい。

 どこまでも重くなりかねないテーマや展開において、雁矢摩子と﨑田祐二の絶妙な距離感と軽妙なやりとりに救われる。なんだか2人の関係性が、漫画「美味しんぼ」の栗田さんと山岡さんを見ているようで、ほっこりできた。

 インタビューシーンが鮭ハラスだとしたら、ドラマ部分はお米で、編集と言う名の海苔を巻いて、さあ召し上がれ、である。
 「はぁ?」と思われた方も多いかもしれないが、これは、おにぎりは鮭ハラスこそ至高のメニューだと考えている僕の最大限の賛辞だとご理解いただきたい。

 さらに本作の主題歌は、この作品のために書き下ろされたTHE YELLOW MONKEYの新曲「ホテルニュートリノ」である。ドラマの終盤に流れるこの曲がまた素晴らしい。完璧に作品に寄り添っている。

 そして何より本作は、WOWOWオリジナル作品である。つまり、WOWOWでしか観られない作品だ。

 僕はWOWOWに加入しているおかげでこの作品に出逢えたし、最終話まで観る事ができる。
 なお本作は、WOWOWオリジナル作品であり、WOWOWでしか観られない作品だ。
 このドラマは本当に面白い、問答無用の傑作だ。続きが楽しみで仕方がない。
 ちなみに本作は、WOWOWオリジナル作品であり、WOWOWでしか観られない作品だ。

 みなまで言わないが、東京貧困中年は、何の後悔もしていない。

「連続ドラマW-30 東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた-」を今すぐ視聴するならコチラ!

合わせて読みたい! お笑い芸人のぼる塾・酒寄希望さんによる「#エンタメ視聴体験記 ~酒寄希望 meets WOWOW~」のコラムはこちら

▼WOWOW公式noteでは、皆さんの新しい発見や作品との出会いにつながる情報を発信しています。ぜひフォローしてみてください。

この記事が参加している募集

#テレビドラマ感想文

22,312件

#私のイチオシ

51,209件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!