映画のはなし シネピック

42

「動」と「静」の演技を突き詰めた究極の表現者、綾野剛の到達点

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は映画ライターのSYOさんが「綾野剛の“謎”」について、出演作『影裏』を中心に考察したコラムをお届けします。

文=SYO @SyoCinema

 綾野剛という役者には、“謎”がある。

 「動」にも「静」にも振り切った演技を見せられる希代の実力者だが、作品数を重ねても一つのイメージにとらわれることが

もっとみる
素敵なエンターテインメントの出会いがありますように!
89

「ああ、生きててよかった」と思わせてくれる「みんなの寅さん」の魅力

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は、「『男はつらいよ お帰り 寅さん』放送記念!『男はつらいよ』スペシャル」に合わせて、「男はつらいよ」シリーズの魅力を娯楽映画研究家の佐藤利明さんに聞きました。

文=佐藤利明 @toshiakis

 2019年、「男はつらいよ」シリーズ第1作から50周年を記念して待望の第50作『男はつらいよ お帰

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!
16

タイカ・ワイティティが送った少年へのエール 『ジョジョ・ラビット』の音楽

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は、『ジョジョ・ラビット』で使用されている印象的な音楽に注目。映画や音楽をメインに文筆家として活躍する、長谷川町蔵さんにコラムを寄せていただきました。

文=長谷川町蔵 @machizo3000

 第二次世界大戦下のドイツの田舎町。少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイヴィス)はこれからナチス傘下の

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!
17

『ブロークバック・マウンテン』から『恋人たち』『his』まで――映画におけるLGBTQ+の今

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は、「『恋人たち』放送記念!監督 橋口亮輔」特集に合わせて、映画におけるLGBTQ+の描かれ方の変化を、ライター・編集者として活躍する、よしひろまさみちさんに聞きました。

文=よしひろまさみち @hannysroom

 LGBTQ+をテーマにした映画は、世界的にみて2010年代から急増しているように

もっとみる
素敵なエンターテインメントの出会いがありますように!
10

間違ってばかりの人間をいとおしく演じる、蒼井優が見せる深み #シネピック映画コラム

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は映画ライターのSYOさんが「俳優・蒼井優の“人間表現”」について、出演作『ロマンスドール』(’20)を中心に考察したコラムをお届けします。

文=SYO @SyoCinema

 日本映画界に欠かせない俳優・蒼井優。現在35歳の彼女、その芸歴は20年を超える。蒼井について考えるとき、「軽やか」という言

もっとみる
素敵なエンターテインメントの出会いがありますように!
14

不器用だからいとおしい 今泉力哉監督が描く恋愛映画の主人公たち

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届けしていきます。今回は、等身大の人々の日常を描く名手、今泉力哉監督の作品に登場する愛すべき主人公たちに迫ります。

文=峯丸ともか

 「恋愛映画って苦手だったんです。でも、今泉力哉監督作にはハマってしまいました」

 そういう意見はSNS上にも多い。なぜなのだろう?

 今泉力哉監督の映画では、運命の恋人なの

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!
26

監督との最良の出会いで、佐藤健は変わり続ける  #シネピック映画コラム

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は映画ライターのSYOさんが「佐藤健×実力派監督」をテーマに、その“進化”を紐解くコラムです。

文=SYO @SyoCinema

 近年ますます覚醒した感がある、人気実力派俳優・佐藤健。映画・ドラマ・CMはもちろん、YouTubeや公式LINEなどなど、多方面に活躍の幅を広げている。自身の代表シリー

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!
354

ポン・ジュノ作品の助監督を務めた、ただひとりの日本人 片山慎三監督が語り尽くす“ポン・ジュノの世界”

第72回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞、そして第92回アカデミー賞では外国語作品として史上初の作品賞に輝くなど最多4部門を受賞した『パラサイト 半地下の家族』(’19)。WOWOWでは同作を含め、ポン・ジュノ監督による傑作8作品を一挙放送する。
そこで、ポン・ジュノ作品で助監督を務めた経験があり、『岬の兄妹』(’19)で知られる片山慎三監督にインタビューを敢行。日本映画批評家大賞新人監督賞に

もっとみる
スキ、嬉しいです!ありがとうございます!
26

ミニシアターに愛をこめて。極私的90年代青春記

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。かつてミニシアターで映画ファンが熱狂した、世界の秀作4本を放送する「特集:ミニシアターに愛をこめて」に合わせ、ライター・編集者として活躍する、よしひろまさみちさんにコラムを寄せていただきました。

文=よしひろまさみち @hannysroom

東京生まれ東京育ち、映画観るならだいたい銀座

 1990年代

もっとみる
素敵なエンターテインメントの出会いがありますように!
13

若者のリアルな心情をファンタスティックに描く、超平和バスターズの世界

文=横森文

「あの花」で正式結成された超平和バスターズ

 “超平和バスターズ”とは、もともとは「あの花」という略称で呼ばれるTVアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(’11)に出てくる6人の男女が子どもの頃に名付けたチーム名。

 そのチーム名が「あの花」以降、同作を作り上げた監督の長井龍雪、脚本の岡田麿里、アニメーターでキャラクターデザインを手掛ける田中将賀が集う作品で原作とし

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!
4