映画のはなし シネピック

106
+3

菅田将暉×有村架純主演の『花束みたいな恋をした』は“超・共感型”の映画だ

マガジン「映画のはなし シネピック」では、映画に造詣の深い書き手による深掘りコラムをお届け。今回は映画ライターのSYOさんが、2021年の日本映画界を代表するといえる『花束みたいな恋をした』について、W主演の菅田将暉×有村架純の魅力とともに紐解くコラムをお届けします。

文=SYO @SyoCinema

 2021年が始まって、すぐのこと。1本の映画がブームとなった。菅田将暉と有村架純がW主演し

もっとみる
素敵なエンターテインメントの出会いがありますように!
+5

人生はこじらせの連続! 『勝手にふるえてろ』『私をくいとめて』わかりみ深過ぎ、綿矢りさ×大九明子が織り成す世界

 映画アドバイザーのミヤザキタケルさんが、オススメの作品を1本ご紹介するのと同時に、その映画に合う作品をもう1本ご紹介する連載「シネマ・マリアージュ」。つまり<これを観てから、これを観るとさらに楽しめる>というコンセプトのもと、組み合わせの良い2作品を皆さまにお届けします! 今回は、ともに芥川賞作家、綿矢りさの小説を原作とした作品であり、大九明子が監督を務める『勝手にふるえてろ』と『私をくいとめて

もっとみる
素敵なエンターテインメントの出会いがありますように!
+3

周りの人をハッピーにするために、『やっぱり俺も、いつでもヘラヘラしていたいな』と思ってさ――『くれなずめ』を観てスピードワゴン・小沢さんが心撃ち抜かれたセリフとは?

映画を愛するスピードワゴンの小沢一敬さんが、映画の名セリフを語る連載「このセリフに心撃ち抜かれちゃいました」
毎回、“オザワ・ワールド”全開で語ってくれるこの連載。映画のトークでありながら、ときには音楽談義、ときにはプライベートのエピソードと、話があちらこちらに脱線しながら、気が付けば、今まで考えもしなかった映画の新しい一面が見えてくることも。そんな小沢さんが今回ピックアップしたのは、友人の結婚式

もっとみる
素敵なエンターテインメントの出会いがありますように!
+7

『ビューティフル・ボーイ(2018)』『甘いお酒でうがい』『ノマドランド』―10月のWOWOW初放送映画 厳選3作品

 映画アドバイザーのミヤザキタケルが、各月の初放送作品の中から見逃してほしくないオススメの3作品をピックアップしてご紹介! これを読めばあなたのWOWOWライフがより一層充実したものになること間違いなし! のはず...。

文=ミヤザキタケル @takeru0720

 今月は、感動の実話、人気芸人が原作・脚本を手掛けた作品、世界で注目の監督作と、タイプの異なる3本の作品を紹介します。

『ビュー

もっとみる
緊張しながら投稿しているので嬉しいです!ありがとうございます!