WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を…

WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

マガジン

  • 今月のおすすめプレゼント・イベント♪【プラスW】

    WOWOWの加入者限定で、各種プレゼント・イベント招待にご応募いただける会員優待サービス「プラスW」。担当社員が特におすすめの企画をピックアップしてご紹介します!

  • 映画のはなし シネピック

    新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、映画ライターSYOさんなど個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さまざまな角度から映画の魅力を紐解いていきます。

  • 映画ライターSYOの「#やさしい映画論」

    映画ライターSYOさんによるコラムをまとめたマガジンです。SYOさんならではの「優しい」目線で誰が読んでも心地よい「易しい」コラム。俳優ファンからコアな映画ファンまでをうなずかせる映画論をお届けしていきます。

  • 声を届ける:WOWOWの作り手たち

    映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ステージ、ドキュメンタリー…多彩なジャンルの番組をお届けしているWOWOW。番組・企画の制作に熱い想いを持つプロデューサー陣や出演者等の、WOWOWの作り手たちが語るコラムを集めました。

  • WOWOW MUSIC MAGAZINE

    「WOWOW MUSIC MAGAZINE」では、WOWOWで放送・配信するライブの模様やインタビュー記事などを紹介!

記事一覧

柔軟にして、変幻自在。俳優、松坂桃李は「柔らかさ」で人々を魅了する

文=SYO @SyoCinema  松坂桃李は、「柔らかい」役者だ。スクリーンやテレビの向こうの彼はもちろん、取材時に接しているときも、包み込むような物腰と視線、朗らかな笑顔…

WOWOW
3年前
65

『リンダ リンダ リンダ』は本当の青春時代を思い出させてくれる映画――スピードワゴン・小沢さんが心を撃ち抜かれたセリフとは…

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken ──今回は、小沢さんが愛するTHE BLUE HEARTS(以下、ブルーハーツ)のコピーバンドを文化祭でやろうとする女子高校生4人組の青春映画で…

WOWOW
3年前
20

ただ怖いだけじゃない。高揚感を得られる心理療法の聖地〜『ミッドサマー』

文=伊藤さとり @SATORIITO  「ペルソナ」と「シャドウ」という言葉がある。心理学者で有名なカール・グスタフ・ユングは、自分の外的側面(周囲に見せている自分)を「ペ…

WOWOW
3年前
55

言葉をめぐる青春ドラマ「あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」とセットで読みたい本4選!

2月の番組テーマは「あんのリリック」 言葉をめぐり、熱く魂がぶつかり合う青春グラフィティ「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました- 」。 …

WOWOW
3年前
24

まだ終わっていない朝鮮戦争のこと―― 1本の映画から考える

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda  今回取り上げるのは、EXOのD.O.が主演した『スウィング・キッズ』(’18)。  朝鮮戦争時の捕虜収容所で結成されたタップダンス・チー…

WOWOW
3年前
104

柔軟にして、変幻自在。俳優、松坂桃李は「柔らかさ」で人々を魅了する

文=SYO @SyoCinema

 松坂桃李は、「柔らかい」役者だ。スクリーンやテレビの向こうの彼はもちろん、取材時に接しているときも、包み込むような物腰と視線、朗らかな笑顔に引き込まれてしまう。

柔軟にして、変幻自在。思考もイメージも凝り固まることがなく、作品ごとにまったく違った顔を見せつける。それでいて気さくで、放つオーラは温かい。ほかに類を見ないタイプの表現者といえるだろう。

『娼年』

もっとみる

『リンダ リンダ リンダ』は本当の青春時代を思い出させてくれる映画――スピードワゴン・小沢さんが心を撃ち抜かれたセリフとは?

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken

──今回は、小沢さんが愛するTHE BLUE HEARTS(以下、ブルーハーツ)のコピーバンドを文化祭でやろうとする女子高校生4人組の青春映画です。

小沢一敬(以下、小沢)「この映画はね、映画館で上映された時、すぐに観に行った覚えがあるんだ」

──劇場公開は2005年だから、だいぶ前ですね。

小沢「もう15年以上もたつのか。今回、改めて観たけど、や

もっとみる

ただ怖いだけじゃない。高揚感を得られる心理療法の聖地〜『ミッドサマー』

文=伊藤さとり @SATORIITO

 「ペルソナ」と「シャドウ」という言葉がある。心理学者で有名なカール・グスタフ・ユングは、自分の外的側面(周囲に見せている自分)を「ペルソナ」、その反対に位置し、ペルソナを演じる上で無意識下にしまい込んだ感情を「シャドウ」と名付けた。

 例えば人に良く思われたいとか、厳格な親などにより本人の気持ちを抑え込まれてしまうと「シャドウ」は大きく膨らんでいき、抑圧

もっとみる
言葉をめぐる青春ドラマ「あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」とセットで読みたい本4選!

言葉をめぐる青春ドラマ「あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」とセットで読みたい本4選!

2月の番組テーマは「あんのリリック」
言葉をめぐり、熱く魂がぶつかり合う青春グラフィティ「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました- 」。

俳人・堀本裕樹の青春俳句小説『桜木杏、俳句はじめてみました』(幻冬舎文庫)を基にドラマ化。主演を務めるのは広瀬すずさん、本作がドラマWの初登場で初主演です。

今回、番組をより楽しんでいただくために4冊の本をセレクトしました。

今月

もっとみる

まだ終わっていない朝鮮戦争のこと―― 1本の映画から考える

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda

 今回取り上げるのは、EXOのD.O.が主演した『スウィング・キッズ』(’18)。

 朝鮮戦争時の捕虜収容所で結成されたタップダンス・チームに集ったのは、背景も動機も違う男女4人だった。黒人の下士官ジャクソン(ジャレッド・グライムズ)は、クリスマス公演を目指し、彼らのダンスを指導する。凄惨な時代を映画とともに振り返りながら、SDGsの「目標16:平

もっとみる