WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

    マガジン

    • 映画のはなし シネピック

      新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、スピードワゴン・小沢一敬さん、作家・山崎ナオコーラさん、フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん、映画アドバイザーのミヤザキタケルさん、映画ライターSYOさんといった個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さらに映画に造詣の深い書き手が月替わりで担当する深掘りコラムも毎月登場。さまざまな角度から映画の魅力をひも解いていきます。

    • 安田菜津紀「観て、学ぶ。映画の中にあるSDGs」

      SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の国際目標。地球上の「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」ことを誓っています。フィクションであれ、ノンフィクションであれ、映画が持つ多様なテーマの中には、SDGsが掲げる目標と密接に関係するものも少なくありません。たとえ娯楽作品であっても、視点を少し変えてみるだけで、われわれは映画からさらに多くのことを学ぶことができるはず。フォトジャーナリストの安田菜津紀さんによる「観て、学ぶ。映画の中にあるSDGs」。映画をきっかけにSDGsを紹介していき、新たな映画体験を提案するエッセイです。

    • WOWOW MUSIC MAGAZINE

      「WOWOW MUSIC MAGAZINE」では、WOWOWで放送・配信するライブの模様やインタビュー記事などを紹介!

    • W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~

      名画や良作を上映し続けている全国の映画館を、WOWOWシネマ「W座からの招待状」でおなじみのイラストレーター、信濃八太郎が訪問。それぞれの町と各映画館の関係や各映画館の歴史を紹介する、映画ファンなら絶対に見逃せないオリジナル番組。noteでは信濃八太郎が想いを綴るエッセイをお届けします。

    • 声を届ける:WOWOWの作り手たち

      映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ステージ、ドキュメンタリー…多彩なジャンルの番組をお届けしているWOWOW。番組・企画の制作に熱い想いを持つプロデューサー陣や出演者等の、WOWOWの作り手たちが語るコラムを集めました。

    映画のはなし シネピック

    新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、スピードワゴン・小沢一敬さん、作家・山崎ナオコーラさん、フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん、映画アドバイザーのミヤザキタケルさん、映画ライターSYOさんといった個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さらに映画に造詣の深い書き手が月替わりで担当する深掘りコラムも毎月登場。さまざまな角度から映画の魅力をひも解いていきます。

    すべて見る
    • 172本

    クラウス・バルビーがののしった、性的マイノリティーの人々やロマの人々は、その後、どうなったのか――マルセル・マルソーの実話を、「知る」ための入り口に

    文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda  今回取り上げるのは、ナチスドイツにあらがった一人の若者の実話を基に描かれた『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』('20)。 (※8/13(土)後10:30、ほかリピート放送あり)  SDGsの「目標10:人や国の不平等をなくそう」「目標16:平和と公正をすべての人に」を軸に、第2次世界大戦や今起きている戦争で、よりかき消されがちな声のことを考えます。 (SDGsが掲げる17の目標の中からピックアップ) 当時

    スキ
    24

    イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「川崎市アートセンター アルテリオ映像館」(神奈川)〜

    文・絵=信濃八太郎 プロフェッショナルとは  プロってなんだろう。  自分はプロだと何かしら胸を張って言えることはあるだろうか。皆さんはありますか。ぼくが思うプロとは、ずばり、自分のフォームを持っている人のこと。  これは「自分の絵」ってなんだろうと、四六時中そんなことばかり考えていた、悩み多き若い日に読んだ、色川武大さんの名著『うらおもて人生録』で出会った言葉で、当時大いに得心したものだ。  この本には、小説家になる前にプロのばくち打ちを目指していた色川さんの、過去

    スキ
    8

    イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「高田世界館」(新潟・上越)〜

    名画や良作を上映し続けている全国の映画館を、WOWOWシネマ「W座からの招待状」でおなじみのイラストレーター、信濃八太郎が訪問。それぞれの町と各映画館の関係や歴史を紹介する、映画ファンなら絶対に見逃せないオリジナル番組「W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~」。noteでは、番組では伝え切れなかった想いを文と絵で綴る信濃による書き下ろしエッセイをお届けします。今回は新潟・上越の日本最古級の映画館「高田世界館」を訪れた時の思い出を綴ります。 文・絵=信濃八太郎  今月から、“WO

    スキ
    52

    本当の遠さ、本当の難しさとは? #山崎ナオコーラによる線のない映画評『ブータン 山の教室』

     作家の山崎ナオコーラさんが綴る、映画をテーマにした連載エッセイ。今回は、山奥の村に赴任した教師の奮闘や地元民たちとの交流を描き、第94回アカデミー賞で国際長編映画賞にノミネートされた秀作『ブータン 山の教室』('19)について書き下ろしてもらいました。 ※今回を持ちまして、本コラム「山崎ナオコーラによる線のない映画評」の連載は最終回となります。 これまでご愛読いただきありがとうございました。 (※初回放送 7/15(金)後7:00) 文=山崎ナオコーラ @naocola

    スキ
    18

    安田菜津紀「観て、学ぶ。映画の中にあるSDGs」

    SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の国際目標。地球上の「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」ことを誓っています。フィクションであれ、ノンフィクションであれ、映画が持つ多様なテーマの中には、SDGsが掲げる目標と密接に関係するものも少なくありません。たとえ娯楽作品であっても、視点を少し変えてみるだけで、われわれは映画からさらに多くのことを学ぶことができるはず。フォトジャーナリストの安田菜津紀さんによる「観て、学ぶ。映画の中にあるSDGs」。映画をきっかけにSDGsを紹介していき、新たな映画体験を提案するエッセイです。

    すべて見る
    • 24本

    クラウス・バルビーがののしった、性的マイノリティーの人々やロマの人々は、その後、どうなったのか――マルセル・マルソーの実話を、「知る」ための入り口に

    文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda  今回取り上げるのは、ナチスドイツにあらがった一人の若者の実話を基に描かれた『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』('20)。 (※8/13(土)後10:30、ほかリピート放送あり)  SDGsの「目標10:人や国の不平等をなくそう」「目標16:平和と公正をすべての人に」を軸に、第2次世界大戦や今起きている戦争で、よりかき消されがちな声のことを考えます。 (SDGsが掲げる17の目標の中からピックアップ) 当時

    スキ
    24

    東日本大震災からの漁師たちの歩みと重なる映画『くじらびと』――「豊かに生きる」とは何か?

    文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda  今回取り上げるのは、石川梵監督が足かけ30年通い続けるインドネシア・ラマレラ村の人々と、命懸けのクジラ漁を追った壮大なドキュメンタリー『くじらびと』('21)。  時に厳しく牙をむく自然と向き合う人々の姿を通し、SDGsの「目標14:海の豊かさを守ろう」をともに考えます。 (SDGsが掲げる17の目標の中からピックアップ) 街を破壊し、人の命を奪った海に、なぜ人はもう一度戻っていくのだろうか?  東日本大震災発生からまだ

    スキ
    72

    核兵器が再び現実の脅威として突きつけられている今、考える――人の声には、世界を数センチずつでも、着実に前に進める力があるはずなのだ

     SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の国際目標。地球上の「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」ことを誓っています。  フィクションであれ、ノンフィクションであれ、映画が持つ多様なテーマの中には、SDGsが掲げる目標と密接に関係するものも少なくありません。たとえ娯楽作品であっても、視点を少し変えてみるだけで、

    スキ
    70

    暴力には毅然と「NO」と言える輪を――映画から考えるロシアによるウクライナへの軍事侵攻

     SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の国際目標。地球上の「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」ことを誓っています。  フィクションであれ、ノンフィクションであれ、映画が持つ多様なテーマの中には、SDGsが掲げる目標と密接に関係するものも少なくありません。たとえ娯楽作品であっても、視点を少し変えてみるだけで、

    スキ
    77

    WOWOW MUSIC MAGAZINE

    「WOWOW MUSIC MAGAZINE」では、WOWOWで放送・配信するライブの模様やインタビュー記事などを紹介!

    すべて見る
    • 5本

    「宮本浩次 縦横無尽完結編 on birthday」全47都道府県のツアーを経て行ったファイナル公演を振り返って

    写真=岡田貴之 宮本浩次の全47都道府県ツアーが国立代々木競技場 第一体育館で完結!  2019年以降はバンドだけでなく、ソロアーティストとしても多面的な活躍を続けている宮本浩次。そんな宮本が6月12日に国立代々木競技場 第一体育館で開催したコンサートの模様を8月14日(日)にWOWOWで独占放送&配信する。本公演は2021年10月からスタートした全47都道府県ツアーのファイナル公演であり、9カ月におよぶツアーの集大成。さらに公演日は宮本の56歳の誕生日ということもあり、

    スキ
    109

    SONGS & FRIENDS「Music Tree Grow to the SKYE & their family」ライブレポート

    取材・文=岡本貴之 / 撮影=西岡浩記  2022年4⽉30⽇(土)神奈川・パシフィコ横浜 国⽴⼤ホールにて、音楽プロデューサー・武部聡志が手掛ける「100年後に残したい音楽」をテーマとしたスペシャルコンサート「SONGS & FRIENDS」の第4弾「Music Tree Grow to the SKYE & their family」が行なわれ、豪華アーティストたちの共演でおおいに盛り上がった。  これまでは1枚のアルバムに焦点を当てて行なわれてきたこの企画だが、今回

    スキ
    13

    「鈴木雅之 taste of martini tour 2022 ~DISCOVER JAPAN DX~」ライヴレポート

    取材・文=黒田奈保子 / 写真=岸田哲平 ソロデビュー35周年を迎えたラヴソングの王様・鈴木雅之がツアーファイナルで示した、圧倒的な歌声と表現力。カヴァーシリーズ「DISCOVER JAPAN」の集大成がここに!  鈴木雅之の全国ツアー「masayuki suzuki taste of martini tour 2022 ~DISCOVER JAPAN DX~」、そのファイナル公演が7月16日(土)に大阪・フェスティバルホールで開催された。本ツアーは、ソロデビュー35周年

    スキ
    12

    「WOWOW MUSIC MAGAZINE」が、始まります!

    音楽を愛する皆さまへ こんにちは、WOWOW公式noteです。 今月から「WOWOW MUSIC MAGAZINE」というマガジンが始まります。 1990年の開局以来、WOWOWでは邦楽・洋楽問わず、数多くの音楽番組・ライブ番組をお届けしています。 例えば今月、7月にWOWOWが放送・配信でお届けする音楽番組や、アーティストのライブ番組は100タイトル以上! 時代を彩る最先端の音楽から、レジェンドアーティストの円熟味のあるライブまで、高いクオリティーで数多くの「音楽」を

    スキ
    8

    W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~

    名画や良作を上映し続けている全国の映画館を、WOWOWシネマ「W座からの招待状」でおなじみのイラストレーター、信濃八太郎が訪問。それぞれの町と各映画館の関係や各映画館の歴史を紹介する、映画ファンなら絶対に見逃せないオリジナル番組。noteでは信濃八太郎が想いを綴るエッセイをお届けします。

    すべて見る
    • 11本

    イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「川崎市アートセンター アルテリオ映像館」(神奈川)〜

    文・絵=信濃八太郎 プロフェッショナルとは  プロってなんだろう。  自分はプロだと何かしら胸を張って言えることはあるだろうか。皆さんはありますか。ぼくが思うプロとは、ずばり、自分のフォームを持っている人のこと。  これは「自分の絵」ってなんだろうと、四六時中そんなことばかり考えていた、悩み多き若い日に読んだ、色川武大さんの名著『うらおもて人生録』で出会った言葉で、当時大いに得心したものだ。  この本には、小説家になる前にプロのばくち打ちを目指していた色川さんの、過去

    スキ
    8

    イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「高田世界館」(新潟・上越)〜

    名画や良作を上映し続けている全国の映画館を、WOWOWシネマ「W座からの招待状」でおなじみのイラストレーター、信濃八太郎が訪問。それぞれの町と各映画館の関係や歴史を紹介する、映画ファンなら絶対に見逃せないオリジナル番組「W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~」。noteでは、番組では伝え切れなかった想いを文と絵で綴る信濃による書き下ろしエッセイをお届けします。今回は新潟・上越の日本最古級の映画館「高田世界館」を訪れた時の思い出を綴ります。 文・絵=信濃八太郎  今月から、“WO

    スキ
    52

    イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「萩ツインシネマ」(山口・萩)〜

    名画や良作を上映し続けている全国の映画館を、WOWOWシネマ「W座からの招待状」でおなじみのイラストレーター、信濃八太郎が訪問。それぞれの町と各映画館の関係や歴史を紹介する、映画ファンなら絶対に見逃せないオリジナル番組「W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~」。noteでは、番組では伝え切れなかった想いを文と絵で綴る信濃による書き下ろしエッセイをお届けします。今回は山口・萩の「萩ツインシネマ」を訪れた時の思い出を綴ります。 文・絵=信濃八太郎 番組と安西先生がつないだ縁  とて

    スキ
    15

    イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「Shimane Cinema ONOZAWA」(島根・益田)〜

    名画や良作を上映し続けている全国の映画館を、WOWOWシネマ「W座からの招待状」でおなじみのイラストレーター、信濃八太郎が訪問。それぞれの町と各映画館の関係や歴史を紹介する、映画ファンなら絶対に見逃せないオリジナル番組「W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~」。noteでは、番組では伝え切れなかった想いを文と絵で綴る信濃による書き下ろしエッセイをお届けします。今回は島根・益田の「Shimane Cinema ONOZAWA」を訪れた時の思い出を綴ります。 文・絵=信濃八太郎 島

    スキ
    22

    声を届ける:WOWOWの作り手たち

    映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ステージ、ドキュメンタリー…多彩なジャンルの番組をお届けしているWOWOW。番組・企画の制作に熱い想いを持つプロデューサー陣や出演者等の、WOWOWの作り手たちが語るコラムを集めました。

    すべて見る
    • 13本

    「WOWOW MUSIC MAGAZINE」が、始まります!

    音楽を愛する皆さまへ こんにちは、WOWOW公式noteです。 今月から「WOWOW MUSIC MAGAZINE」というマガジンが始まります。 1990年の開局以来、WOWOWでは邦楽・洋楽問わず、数多くの音楽番組・ライブ番組をお届けしています。 例えば今月、7月にWOWOWが放送・配信でお届けする音楽番組や、アーティストのライブ番組は100タイトル以上! 時代を彩る最先端の音楽から、レジェンドアーティストの円熟味のあるライブまで、高いクオリティーで数多くの「音楽」を

    スキ
    8

    5月20日(金)最終話放送! 佐藤勝利・髙橋ひかる共演「青野くんに触りたいから死にたい」撮影現場レポ&独占インタビュー

     付き合って2週間後、交通事故で亡くなり幽霊となって現われた彼氏・青野龍平と、幽霊の彼を全身全霊で愛する女子高校生・刈谷優里。絶対に“触れ合えない”カップルの恋模様を描く大人気同名コミックを実写ドラマ化した「WOWOWオリジナルドラマ 青野くんに触りたいから死にたい」が、いよいよ5月20日(金)に最終話の放送を迎える(WOWOWオンデマンドでは全10話を一挙配信中。視聴はこちら)。その直前に、ドラマの中でも印象的な水族館でのデートシーン(第6話)の撮影現場レポートと、青野役・

    スキ
    66

    「TOKYO VICE」のプロデューサーが語る制作秘話。日米スター共演の超大作ドラマが完成するまでの舞台裏とは

     巨匠マイケル・マンが全編オール日本ロケで描く、日米スター共演の超大作ドラマシリーズ「TOKYO VICE」が4月24日(日)から放送開始となる。主演にアンセル・エルゴート、日本からは渡辺謙、菊地凛子、伊藤英明、笠松将、山下智久ら豪華キャストが参加した本作。総製作費は100億円規模、WOWOWが初めてハリウッドとタッグを組んだ共同制作の裏側とは? WOWOW事業部チーフプロデューサーの鷲尾賀代が、監督やキャストに関する裏話も交えた制作秘話を明かします。 ★★鷲尾賀代★★ 新

    スキ
    90

    見たことないスピッツを、レアな楽曲とともに。【「優しいスピッツ」ライブレポート 第3回】

    取材・文=栗本斉 @tabirhythm /撮影=田中聖太郎 @seitaro_tanaka 【「優しいスピッツ」ライブレポート】第1回はこちら/第2回はこちら  2021年10月某日。北海道の十勝・帯広にある旧双葉幼稚園を舞台に、松居大悟監督によって撮影された「優しいスピッツ a secret session in Obihiro」。WOWOWでの初回放送が終了したことを受け、このライブレポート最終回は、撮影当日の様子をたっぷりお伝えする。 ※以下はセットリストなどを

    スキ
    621