WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を…

WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

マガジン

  • 映画のはなし シネピック

    新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、映画ライターSYOさんなど個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さまざまな角度から映画の魅力を紐解いていきます。

  • 映画ライターSYOの「#やさしい映画論」

    映画ライターSYOさんによるコラムをまとめたマガジンです。SYOさんならではの「優しい」目線で誰が読んでも心地よい「易しい」コラム。俳優ファンからコアな映画ファンまでをうなずかせる映画論をお届けしていきます。

  • 今月のおすすめプレゼント・イベント♪【プラスW】

    WOWOWの加入者限定で、各種プレゼント・イベント招待にご応募いただける会員優待サービス「プラスW」。毎月更新される20件前後のプレゼント企画の中から、担当社員がピックアップして、おすすめポイントをご紹介します!

  • #エンタメ視聴体験記 ~酒寄希望 meets WOWOW~

    お笑い芸人のぼる塾・酒寄希望さんが、WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載!酒寄さんは、23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

  • #エンタメ視聴体験記 ~中山功太 meets WOWOW~

    お笑い芸人の中山功太さんが、WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載!中山さんは、23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

記事一覧

松山ケンイチ主演『BLUE/ブルー』や数々の名作から紐解くボクシング×映画の“親和性”

文=相馬学  ボクシング映画にハズレなし――異論はあると思うが、こう言い切って話を進めたい。“スポ根映画”にとって肝となるのは、そこに宿るアツさ。ボクシングを題…

WOWOW
2年前
12

『ひょっとしたら自分も誰かの始まりになってるかもしれない』と思うと、生きなきゃ、って――『君が世界のはじまり』を観てスピ…

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken ──今回は『君が世界のはじまり』ですが、この作品を選ばれた理由は? 小沢一敬(以下、小沢)「俺ね、主演の松本穂香さんがすごい好…

WOWOW
2年前
18

気になる本はありますか?「トニー賞授賞式」とセットで読みたい本4選!

9月の番組テーマは「第74回トニー賞授賞式」 新型コロナウィルス感染症拡大の影響で前代未聞の開催延期となった『第74回トニー賞授賞式』。 WOWOWでは、授賞式第一部…

WOWOW
2年前
26

俳優、北村匠海の無限の“成長曲線”

文=SYO @SyoCinema  初出演映画『ダイブ!!』('08)で池松壮亮の幼少期を演じてから、13年。俳優として、ミュージシャンとして、北村匠海の“成長曲線”はここ数年、伸…

WOWOW
2年前
31

小山薫堂×信濃八太郎が10周年を迎える「W座からの招待状」への想いを語る。

 毎週日曜の夜に、“今、もっとも観て欲しい映画との出会い”をお届けしている「W座からの招待状」。映画本編の放送の前後に“案内人”である作家・小山薫堂とイラストレ…

WOWOW
2年前
46

1本の映画から考える9.11――アフガニスタンを「忘れられた戦争」にしてはならない

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda  今回取り取り上げるのは、ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を映画化した『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…

WOWOW
2年前
84

松山ケンイチ主演『BLUE/ブルー』や数々の名作から紐解くボクシング×映画の“親和性”

文=相馬学

 ボクシング映画にハズレなし――異論はあると思うが、こう言い切って話を進めたい。“スポ根映画”にとって肝となるのは、そこに宿るアツさ。ボクシングを題材にすると、その沸点が他のスポーツの映画よりもグッと上がる。なぜか? 理由は2つある。まず、ボクシングが肉体の痛みを伴う競技だから。人間は、そもそも本能的に痛みを回避する生き物だ。にもかかわらず、痛い思いをしてまで、ボクサーたちは殴り合う

もっとみる

『ひょっとしたら自分も誰かの始まりになってるかもしれない』と思うと、生きなきゃ、って――『君が世界のはじまり』を観てスピードワゴン・小沢さんが心撃ち抜かれた映画のセリフを語る

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken

──今回は『君が世界のはじまり』ですが、この作品を選ばれた理由は?

小沢一敬(以下、小沢)「俺ね、主演の松本穂香さんがすごい好きなのよ。なんて説明したらいいか難しいんだけど、この女優さん、他の誰ともかぶってない気がしてて。特に彼女の目が、めちゃくちゃ好きなんだよね。スケールがデカい目っていうのかな。すべてが目に映っていながら、すべてを俯瞰(ふかん)に見

もっとみる
気になる本はありますか?「トニー賞授賞式」とセットで読みたい本4選!

気になる本はありますか?「トニー賞授賞式」とセットで読みたい本4選!

9月の番組テーマは「第74回トニー賞授賞式」
新型コロナウィルス感染症拡大の影響で前代未聞の開催延期となった『第74回トニー賞授賞式』。

WOWOWでは、授賞式第一部を『ライブ配信!第74回トニー賞授賞式 事前受賞の部』と題しライブ配信、授賞式第二部を『生中継!第74回トニー賞授賞式』と題し生中継・同時配信。

今回、ブッククラブ部長の幅さんが番組をより楽しんでいただくための4冊の本をセレクトし

もっとみる

俳優、北村匠海の無限の“成長曲線”

文=SYO @SyoCinema

 初出演映画『ダイブ!!』('08)で池松壮亮の幼少期を演じてから、13年。俳優として、ミュージシャンとして、北村匠海の“成長曲線”はここ数年、伸び率がすさまじい。2020~2021年にはこれまでに計14本もの実写映画&TVドラマが公開、放送され、最新主演映画『明け方の若者たち』('21)の公開が12月に控えている。今回は、改めて北村の近年の出演映画を振り返り、

もっとみる
小山薫堂×信濃八太郎が10周年を迎える「W座からの招待状」への想いを語る。

小山薫堂×信濃八太郎が10周年を迎える「W座からの招待状」への想いを語る。

 毎週日曜の夜に、“今、もっとも観て欲しい映画との出会い”をお届けしている「W座からの招待状」。映画本編の放送の前後に“案内人”である作家・小山薫堂とイラストレーター・信濃八太郎が作品についてトークを繰り広げながら、小山が「文」を、信濃が「絵」を添えて映画を紹介する番組だ。
 「W座からの招待状」は2011年10月にスタートして今年で10周年を迎える。番組スタートから“案内人”を務める小山と、安西

もっとみる

1本の映画から考える9.11――アフガニスタンを「忘れられた戦争」にしてはならない

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda

 今回取り取り上げるのは、ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を映画化した『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』('11)です。

 米国の同時多発テロ「9.11」から20年。人々の抱える悲しみとともに、テロ後の世界情勢も見据え、SDGsの「目標16:平和と公正をすべての人に」を考えていきたいと思います。

(SDGsが掲げる17の目

もっとみる