WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を…

WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

マガジン

  • 今月のおすすめプレゼント・イベント♪【プラスW】

    WOWOWの加入者限定で、各種プレゼント・イベント招待にご応募いただける会員優待サービス「プラスW」。担当社員が特におすすめの企画をピックアップしてご紹介します!

  • 映画のはなし シネピック

    新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、映画ライターSYOさんなど個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さまざまな角度から映画の魅力を紐解いていきます。

  • 映画ライターSYOの「#やさしい映画論」

    映画ライターSYOさんによるコラムをまとめたマガジンです。SYOさんならではの「優しい」目線で誰が読んでも心地よい「易しい」コラム。俳優ファンからコアな映画ファンまでをうなずかせる映画論をお届けしていきます。

  • 声を届ける:WOWOWの作り手たち

    映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ステージ、ドキュメンタリー…多彩なジャンルの番組をお届けしているWOWOW。番組・企画の制作に熱い想いを持つプロデューサー陣や出演者等の、WOWOWの作り手たちが語るコラムを集めました。

  • WOWOW MUSIC MAGAZINE

    「WOWOW MUSIC MAGAZINE」では、WOWOWで放送・配信するライブの模様やインタビュー記事などを紹介!

記事一覧

クリストファー・ノーラン監督を『TENET テネット』と過去作から考察。彼は発明家であり職人だ

文=SYO @SyoCinema  クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』(’20)が、早くもWOWOWで初放送を迎える。  全世界がコロナ禍にあえぐ中、2020年9月に日…

WOWOW
3年前
23

『火山高』から20年! 第一線で活躍し続ける男、クォン・サンウの魅力

文=渡邊玲子  “元祖モムチャン(筋肉美)俳優”こと、クォン・サンウの名を耳にして思わず「懐かしい~!」と声をあげそうになった人もいるだろう。何を隠そう、筆者もそ…

WOWOW
3年前
15

この映画を観て、俺もどんどんめちゃくちゃな方へ行きたいと思った――スピードワゴン・小沢さんが心撃ち抜かれた映画のセリフを…

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken ──今回の『さよなら、僕のマンハッタン』は、すごく有名な作品というわけではないですが、いい作品でしたね。 小沢一敬(以下、小沢…

WOWOW
3年前
16

実在のジャーナリストを描いた1本の映画から、「現場に行くこと」を考える

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda  今回取り上げるのは、1930年代、スターリン独裁政権下の旧ソ連を舞台にした『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(’19)。  実在のジ…

WOWOW
3年前
243

気になる本はありますか?「文豪少年! ~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~」とセットで読みたい本10選!

5月の番組テーマは「文豪少年!」 日本が誇る文豪たちの傑作小説群を、現代的な視点から映像化するオムニバスドラマ『文豪少年!』。各話で主演を務めるのは、ジャニーズ…

WOWOW
3年前
22

クリストファー・ノーラン監督を『TENET テネット』と過去作から考察。彼は発明家であり職人だ

文=SYO @SyoCinema

 クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』(’20)が、早くもWOWOWで初放送を迎える。

 全世界がコロナ禍にあえぐ中、2020年9月に日本公開され、興行収入27億円(※)を記録した本作。東京・グランドシネマサンシャイン 池袋においては、IMAXのオープニング興行収入が世界第1位となり、ノーラン監督から感謝状が届いた。

 これまで観たこ

もっとみる

『火山高』から20年! 第一線で活躍し続ける男、クォン・サンウの魅力

文=渡邊玲子

 “元祖モムチャン(筋肉美)俳優”こと、クォン・サンウの名を耳にして思わず「懐かしい~!」と声をあげそうになった人もいるだろう。何を隠そう、筆者もそのひとり。「冬のソナタ」を皮切りに、2000年代初頭の日本で社会現象を巻き起こした「第一次韓流ブーム」のど真ん中を駆け抜けたサンウは、その後どんな年の重ね方をしているのだろう…。

 5月31日(月)にWOWOWで特集放送される、サンウ

もっとみる

この映画を観て、俺もどんどんめちゃくちゃな方へ行きたいと思った――スピードワゴン・小沢さんが心撃ち抜かれた映画のセリフを語る

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken

──今回の『さよなら、僕のマンハッタン』は、すごく有名な作品というわけではないですが、いい作品でしたね。

小沢一敬(以下、小沢)「うん、めちゃくちゃ良かったよね。観終わった後の最初の感想としては、若いときに観たら、きっと今とは感じ方が違ったんだろうなってことだね」

──大人向けのストーリーですから、ちょっと若い人だと理解しがたいところもありますかね?

もっとみる

実在のジャーナリストを描いた1本の映画から、「現場に行くこと」を考える

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda

 今回取り上げるのは、1930年代、スターリン独裁政権下の旧ソ連を舞台にした『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』(’19)。

 実在のジャーナリストの姿を描きながら、体制が覆い隠してきた人々の窮状をあぶり出していくこの映画から、SDGsの「目標2:飢餓をゼロに」「目標16:平和と公正をすべての人に」を実現するために必要なジャーナリズムの役割を考えま

もっとみる
気になる本はありますか?「文豪少年! ~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~」とセットで読みたい本10選!

気になる本はありますか?「文豪少年! ~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~」とセットで読みたい本10選!

5月の番組テーマは「文豪少年!」
日本が誇る文豪たちの傑作小説群を、現代的な視点から映像化するオムニバスドラマ『文豪少年!』。各話で主演を務めるのは、ジャニーズJr.の人気ユニット、少年忍者のメンバー12人。

毎週日曜夜11時、好評放送中!

映像化の原案となるのは、太宰治の「走れメロス」、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」、宮沢賢治の「注文の多い料理店」、夏目漱石の「二百十日」、森鴎外の「高瀬舟」、小泉

もっとみる