WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

    マガジン

    • 映画のはなし シネピック

      新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、スピードワゴン・小沢一敬さん、作家・山崎ナオコーラさん、フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん、映画アドバイザーのミヤザキタケルさん、映画ライターSYOさんといった個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さらに映画に造詣の深い書き手が月替わりで担当する深掘りコラムも毎月登場。さまざまな角度から映画の魅力をひも解いていきます。

    • 安田菜津紀「観て、学ぶ。映画の中にあるSDGs」

      SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の国際目標。地球上の「誰一人取り残さない(Leave No One Behind)」ことを誓っています。フィクションであれ、ノンフィクションであれ、映画が持つ多様なテーマの中には、SDGsが掲げる目標と密接に関係するものも少なくありません。たとえ娯楽作品であっても、視点を少し変えてみるだけで、われわれは映画からさらに多くのことを学ぶことができるはず。フォトジャーナリストの安田菜津紀さんによる「観て、学ぶ。映画の中にあるSDGs」。映画をきっかけにSDGsを紹介していき、新たな映画体験を提案するエッセイです。

    • WOWOW MUSIC MAGAZINE

      「WOWOW MUSIC MAGAZINE」では、WOWOWで放送・配信するライブの模様やインタビュー記事などを紹介!

    • W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~

      名画や良作を上映し続けている全国の映画館を、WOWOWシネマ「W座からの招待状」でおなじみのイラストレーター、信濃八太郎が訪問。それぞれの町と各映画館の関係や各映画館の歴史を紹介する、映画ファンなら絶対に見逃せないオリジナル番組。noteでは信濃八太郎が想いを綴るエッセイをお届けします。

    • 声を届ける:WOWOWの作り手たち

      映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ステージ、ドキュメンタリー…多彩なジャンルの番組をお届けしているWOWOW。番組・企画の制作に熱い想いを持つプロデューサー陣や出演者等の、WOWOWの作り手たちが語るコラムを集めました。

    記事一覧

    クラウス・バルビーがののしった、性的マイノリティーの人々やロマの人々は、その後、どうなったのか――マルセル・マルソーの実…

    文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda  今回取り上げるのは、ナチスドイツにあらがった一人の若者の実話を基に描かれた『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』…

    WOWOW
    5日前

    「宮本浩次 縦横無尽完結編 on birthday」全47都道府県のツアーを経て行ったファイナル公演を振り返って

    写真=岡田貴之 宮本浩次の全47都道府県ツアーが国立代々木競技場 第一体育館で完結!  2019年以降はバンドだけでなく、ソロアーティストとしても多面的な活躍を続けて…

    WOWOW
    6日前

    イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「川崎市アートセンター アルテリオ映像館」(神奈川)…

    文・絵=信濃八太郎 プロフェッショナルとは  プロってなんだろう。  自分はプロだと何かしら胸を張って言えることはあるだろうか。皆さんはありますか。ぼくが思うプ…

    WOWOW
    7日前
    クラウス・バルビーがののしった、性的マイノリティーの人々やロマの人々は、その後、どうなったのか――マルセル・マルソーの実話を、「知る」ための入り口に

    クラウス・バルビーがののしった、性的マイノリティーの人々やロマの人々は、その後、どうなったのか――マルセル・マルソーの実話を、「知る」ための入り口に

    文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda

     今回取り上げるのは、ナチスドイツにあらがった一人の若者の実話を基に描かれた『沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~』('20)。
    (※8/13(土)後10:30、ほかリピート放送あり)

     SDGsの「目標10:人や国の不平等をなくそう」「目標16:平和と公正をすべての人に」を軸に、第2次世界大戦や今起きている戦争で、よりかき消されがちな声

    もっとみる
    「宮本浩次 縦横無尽完結編 on birthday」全47都道府県のツアーを経て行ったファイナル公演を振り返って

    「宮本浩次 縦横無尽完結編 on birthday」全47都道府県のツアーを経て行ったファイナル公演を振り返って

    写真=岡田貴之

    宮本浩次の全47都道府県ツアーが国立代々木競技場 第一体育館で完結!

     2019年以降はバンドだけでなく、ソロアーティストとしても多面的な活躍を続けている宮本浩次。そんな宮本が6月12日に国立代々木競技場 第一体育館で開催したコンサートの模様を8月14日(日)にWOWOWで独占放送&配信する。本公演は2021年10月からスタートした全47都道府県ツアーのファイナル公演であり、9

    もっとみる
    イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「川崎市アートセンター アルテリオ映像館」(神奈川)〜

    イラストレーター・信濃八太郎が行く 【単館映画館、あちらこちら】 〜「川崎市アートセンター アルテリオ映像館」(神奈川)〜

    文・絵=信濃八太郎

    プロフェッショナルとは

     プロってなんだろう。

     自分はプロだと何かしら胸を張って言えることはあるだろうか。皆さんはありますか。ぼくが思うプロとは、ずばり、自分のフォームを持っている人のこと。
     これは「自分の絵」ってなんだろうと、四六時中そんなことばかり考えていた、悩み多き若い日に読んだ、色川武大さんの名著『うらおもて人生録』で出会った言葉で、当時大いに得心したものだ。

    もっとみる