WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を…

WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

マガジン

  • 映画のはなし シネピック

    新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、映画ライターSYOさんなど個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さまざまな角度から映画の魅力を紐解いていきます。

  • 映画ライターSYOの「#やさしい映画論」

    映画ライターSYOさんによるコラムをまとめたマガジンです。SYOさんならではの「優しい」目線で誰が読んでも心地よい「易しい」コラム。俳優ファンからコアな映画ファンまでをうなずかせる映画論をお届けしていきます。

  • 声を届ける:WOWOWの作り手たち

    映画、ドラマ、スポーツ、音楽、ステージ、ドキュメンタリー…多彩なジャンルの番組をお届けしているWOWOW。番組・企画の制作に熱い想いを持つプロデューサー陣や出演者等の、WOWOWの作り手たちが語るコラムを集めました。

  • WOWOW MUSIC MAGAZINE

    「WOWOW MUSIC MAGAZINE」では、WOWOWで放送・配信するライブの模様やインタビュー記事などを紹介!

  • #エンタメ視聴体験記

    WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、書き手が今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載。お笑い芸人の中山功太さんとぼる塾・酒寄希望さんを書き手にお迎えして贈る本企画が、ご好評につき連載継続決定! お2人は23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

記事一覧

窪田正孝主演 舞台版「エヴァンゲリオン」が登場。5年ぶりの東京03 FROLIC A HOLICも。“ステージ派”なら押さえたい! 8月の必…

【Don't miss out!8月のWOWOW舞台・番組2選】①東京03 FROLIC A HOLIC feat. Creepy Nuts in 日本武道館 「なんと括っていいか、まだ分からない」DAY-1:8月12日(土…

WOWOW
10か月前
26

英国史上最悪のスパイ事件に関わった実在の男を描く。『亡国のスパイ~かくも親密な裏切り~』

 テキスト:牛津厚信 編集:川浦慧 第二次世界大戦から冷戦期にかけて、英国史上最悪のスパイ事件に関わった男たち あなたがもし、キム・フィルビー、ガイ・バージェス…

WOWOW
10か月前
10

GLAYがコンセプトを定めず自由度の高いパフォーマンスを行なうことを宣言する「HIGHCOMMUNICATIONS TOUR」。全国ツアーファイナ…

TAKUROいわく、「これまでなかなか日の目を見なかったゴーストのような楽曲」を中心に組んだマニアックなセットリストに、GLAYの底知れぬポテンシャルを思い知らされた一夜…

WOWOW
10か月前
35

〈中山功太〉韓国映画を観て感じた、いくつもの”恐ろしさ”【#エンタメ視聴体験記】

文=中山功太  今は東京に住んでいるが、まだ地元の大阪にいた20代後半の頃、仕事で週に1本、映画を観させていただいていた。  僕は元々、まったく詳しくはないが映画を…

WOWOW
10か月前
241

〈ぼる塾・酒寄希望〉ぼる塾は“よしもとの『セックス・アンド・ザ・シティ』”【#エンタメ視聴体験記】

文=酒寄希望  皆さん、こんにちは。ぼる塾の酒寄希望です。今回から新連載を始めることになりました。初めましての方もいらっしゃると思うので、自己紹介をさせてくださ…

WOWOW
10か月前
317

ジェンダー平等はどこまで実現しているのか――『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』をきっかけに私たちの足元を見つめたい

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda  今回取り上げるのは、#MeToo運動が広がるきっかけともいえるニューヨーク・タイムズ紙の調査報道を題材にしたマリア・シュラーダー監…

WOWOW
10か月前
81
窪田正孝主演 舞台版「エヴァンゲリオン」が登場。5年ぶりの東京03 FROLIC A HOLICも。“ステージ派”なら押さえたい! 8月の必見舞台・番組5本!

窪田正孝主演 舞台版「エヴァンゲリオン」が登場。5年ぶりの東京03 FROLIC A HOLICも。“ステージ派”なら押さえたい! 8月の必見舞台・番組5本!


【Don't miss out!8月のWOWOW舞台・番組2選】①東京03 FROLIC A HOLIC feat. Creepy Nuts in 日本武道館 「なんと括っていいか、まだ分からない」DAY-1:8月12日(土)後2:30 DAY-2:8月13日(日)後2:30

 東京03と作家のオークラが、“芸人” “役者” “ミュージシャン” “アイドル”など、さまざまなカルチャーシーンで活

もっとみる
英国史上最悪のスパイ事件に関わった実在の男を描く。『亡国のスパイ~かくも親密な裏切り~』

英国史上最悪のスパイ事件に関わった実在の男を描く。『亡国のスパイ~かくも親密な裏切り~』

 テキスト:牛津厚信 編集:川浦慧

第二次世界大戦から冷戦期にかけて、英国史上最悪のスパイ事件に関わった男たち あなたがもし、キム・フィルビー、ガイ・バージェス、アントニー・ブラント、ドナルド・マクレイン、ジョン・ケアンクロスといった人名に聞き覚えがあるとしたら、かなりの「リアル・スパイ通」と言えるだろう。

 この5人は、第二次世界大戦から冷戦期にかけて英国史上最悪のスパイ事件に関わった男たち

もっとみる
GLAYがコンセプトを定めず自由度の高いパフォーマンスを行なうことを宣言する「HIGHCOMMUNICATIONS TOUR」。全国ツアーファイナルとなる東京ガーデンシアター公演の模様をレポート!

GLAYがコンセプトを定めず自由度の高いパフォーマンスを行なうことを宣言する「HIGHCOMMUNICATIONS TOUR」。全国ツアーファイナルとなる東京ガーデンシアター公演の模様をレポート!

TAKUROいわく、「これまでなかなか日の目を見なかったゴーストのような楽曲」を中心に組んだマニアックなセットリストに、GLAYの底知れぬポテンシャルを思い知らされた一夜

 来年でデビュー30周年を迎えるGLAYが6月11日、『HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2023 -The Ghost of GLAY-』の最終公演を東京・ガーデンシアターで開催した。

 本ツアーは、今年3月

もっとみる

〈中山功太〉韓国映画を観て感じた、いくつもの”恐ろしさ”【#エンタメ視聴体験記】

文=中山功太

 今は東京に住んでいるが、まだ地元の大阪にいた20代後半の頃、仕事で週に1本、映画を観させていただいていた。
 僕は元々、まったく詳しくはないが映画を観るのは好きで、その仕事をしている時、コラムのために映画が観られる今と同じように、単純にラッキーだと感じていた。
 その頃、初めて韓国映画を観た。

 それまで韓国の作品に触れることがなく、日本でも一大旋風を巻き起こした「冬のソナタ

もっとみる

〈ぼる塾・酒寄希望〉ぼる塾は“よしもとの『セックス・アンド・ザ・シティ』”【#エンタメ視聴体験記】

文=酒寄希望

 皆さん、こんにちは。ぼる塾の酒寄希望です。今回から新連載を始めることになりました。初めましての方もいらっしゃると思うので、自己紹介をさせてください。皆さんは、ぼる塾という女芸人トリオを知っていますか?

 “よく笑い、よく食べ、よく、「まあね~」と言う人がいるグループ”
 
 そう言ったら、頭に浮かぶでしょうか? 私はそのぼる塾の4人目のメンバーです。

 皆さん「トリオなのに4

もっとみる

ジェンダー平等はどこまで実現しているのか――『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』をきっかけに私たちの足元を見つめたい

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda

 今回取り上げるのは、#MeToo運動が広がるきっかけともいえるニューヨーク・タイムズ紙の調査報道を題材にしたマリア・シュラーダー監督作『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』('22)。ブラッド・ピットらが製作総指揮を務め、記者役のキャリー・マリガンが第80回ゴールデン・グローブ賞助演女優賞にノミネートされた作品だ。
(※8/20(日)後9

もっとみる