WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を…

WOWOW

WOWOW公式アカウントです。 noteでは、さまざまなエンターテインメントの魅力を丁寧に、時には“主観”を交えながら発信していきます。

マガジン

  • 映画のはなし シネピック

    新しい映画と出会える。映画をより深く楽しめる。そんなコンテンツをお届けしていきます。担い手は、映画ライターSYOさんなど個性豊かな面々。それぞれの感性が作り出す映画愛は必見です! さまざまな角度から映画の魅力を紐解いていきます。

  • 映画ライターSYOの「#やさしい映画論」

    映画ライターSYOさんによるコラムをまとめたマガジンです。SYOさんならではの「優しい」目線で誰が読んでも心地よい「易しい」コラム。俳優ファンからコアな映画ファンまでをうなずかせる映画論をお届けしていきます。

  • 今月のおすすめプレゼント・イベント♪【プラスW】

    WOWOWの加入者限定で、各種プレゼント・イベント招待にご応募いただける会員優待サービス「プラスW」。毎月更新される20件前後のプレゼント企画の中から、担当社員がピックアップして、おすすめポイントをご紹介します!

  • #エンタメ視聴体験記 ~酒寄希望 meets WOWOW~

    お笑い芸人のぼる塾・酒寄希望さんが、WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載!酒寄さんは、23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

  • #エンタメ視聴体験記 ~中山功太 meets WOWOW~

    お笑い芸人の中山功太さんが、WOWOWの多岐にわたるジャンルの中から、今見たい作品を見て“視聴体験”を綴る、読んで楽しい新感覚のコラム連載!中山さんは、23年3月~5月にWOWOW公式noteで実施した「#映画にまつわる思い出」がテーマの投稿コンテストでも参考作品を執筆。その反響を受け、今回の連載が決定した。コラム内でピックアップしている作品が気になったら、今すぐWOWOWオンデマンドで視聴可能! コラムも作品も、あわせて楽しみ尽くそう!

記事一覧

“完全無欠”な吉沢亮の真骨頂は、“不完全さ”にあり

文=SYO @SyoCinema  演技力も、ルックスも、運動神経も――。俳優・吉沢亮のパブリック・イメージは、「完全無欠」ではないだろうか。映画&ドラマ・デビューから10年。…

WOWOW
3年前
136

作品賞&俳優賞だけがオスカーじゃない! 映画ライターが勧めるアカデミー賞の「通」な楽しみ方

 いよいよ4月26日(日本時間)に開催される「第93回アカデミー賞授賞式」。今回は、作品賞や監督&俳優賞に比べて脚光を浴びることの少ない3つの部門賞にフォーカス。アパレ…

WOWOW
3年前
114

何気ない日常からゾンビ映画まで 鬼才ジム・ジャームッシュの美学

文=長谷川町蔵 @machizo3000 静かでドライで物悲しい。でもどこかコミカル。  第37回カンヌ国際映画祭でカメラ・ドール(新人監督賞)を獲得した『ストレンジャー・ザン・…

WOWOW
3年前
38

あの頃、バーに行くとまずミルク飲んでたんだ――スピードワゴン・小沢さんが『レオン 完全版』を改めて観て、心を撃ち抜かれた…

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken ──今回は『レオン 完全版』です。この『レオン』は、1995年に“オリジナル版”が日本で劇場公開され、翌年これより約22分長い“完全版…

WOWOW
3年前
29

この映画の大切な問いは、「あなたは何をしてきたのか」――『スポットライト 世紀のスクープ』から考える

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda 今回取り上げるのは、第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(’15)。  実際に起きた神父た…

WOWOW
3年前
116

気になる本はありますか?日本のロックの一大ジャンル!「ヴィジュアル系主義」とセットで読みたい本4選!

4月の番組テーマは「ヴィジュアル系主義」 人気ヴィジュアル系バンドを毎月1組フィーチャーするレギュラー番組『ヴィジュアル系主義』。 ヴィジュアル系。1990年代に躍進…

WOWOW
3年前
18

“完全無欠”な吉沢亮の真骨頂は、“不完全さ”にあり

文=SYO @SyoCinema

 演技力も、ルックスも、運動神経も――。俳優・吉沢亮のパブリック・イメージは、「完全無欠」ではないだろうか。映画&ドラマ・デビューから10年。いまや大河ドラマの“顔”であり、CMや雑誌などでも見ない日はない。2020年は出演映画が4本公開。今後も映画や舞台への出演が控えており、ますます勢いを増していくことだろう。

 ただ、個人的には吉沢亮という役者の真骨頂は、

もっとみる
作品賞&俳優賞だけがオスカーじゃない! 映画ライターが勧めるアカデミー賞の「通」な楽しみ方

作品賞&俳優賞だけがオスカーじゃない! 映画ライターが勧めるアカデミー賞の「通」な楽しみ方

 いよいよ4月26日(日本時間)に開催される「第93回アカデミー賞授賞式」。今回は、作品賞や監督&俳優賞に比べて脚光を浴びることの少ない3つの部門賞にフォーカス。アパレル業界から映画ライターに転身し、『オードリーに学ぶおしゃれ練習帳』などの著作を持つ清藤秀人さんに、衣装デザイン賞、音響賞、そして国際長編映画賞から読み解く「通」な楽しみ方をお勧めしてもらいました。

文=清藤秀人 @hidetoki

もっとみる

何気ない日常からゾンビ映画まで 鬼才ジム・ジャームッシュの美学

文=長谷川町蔵 @machizo3000

静かでドライで物悲しい。でもどこかコミカル。
 第37回カンヌ国際映画祭でカメラ・ドール(新人監督賞)を獲得した『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(’84)を引っさげてジム・ジャームッシュがシーンに登場したとき、こうした彼の作風は、時代のムードをこれ以上ないくらい反映した表現に思えたものだ。それは僕個人に限ったことではない。あの時代、『ストレンジャー・

もっとみる

あの頃、バーに行くとまずミルク飲んでたんだ――スピードワゴン・小沢さんが『レオン 完全版』を改めて観て、心を撃ち抜かれたセリフとは?

取材・文=八木賢太郎 @yagi_ken

──今回は『レオン 完全版』です。この『レオン』は、1995年に“オリジナル版”が日本で劇場公開され、翌年これより約22分長い“完全版”が公開されました。小沢さんは“オリジナル版”をご覧になっていましたか?

小沢一敬(以下、小沢)「うん。実は、“完全版”を観たのが今回初めてだったよ。’95年は俺はまだ名古屋にいたんだけど、公開されてすぐに劇場で観た。で

もっとみる

この映画の大切な問いは、「あなたは何をしてきたのか」――『スポットライト 世紀のスクープ』から考える

文=安田菜津紀 @NatsukiYasuda

今回取り上げるのは、第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した『スポットライト 世紀のスクープ』(’15)。

 実際に起きた神父たちによる性虐待と、長年それを組織的に隠蔽(いんぺい)してきたカトリック教会の問題を報じ、世に知らしめたボストン・グローブ紙の調査報道チーム「スポットライト」を描いた作品を、SDGsの「目標16:平和と公正をすべての人

もっとみる
気になる本はありますか?日本のロックの一大ジャンル!「ヴィジュアル系主義」とセットで読みたい本4選!

気になる本はありますか?日本のロックの一大ジャンル!「ヴィジュアル系主義」とセットで読みたい本4選!

4月の番組テーマは「ヴィジュアル系主義」
人気ヴィジュアル系バンドを毎月1組フィーチャーするレギュラー番組『ヴィジュアル系主義』。

ヴィジュアル系。1990年代に躍進を遂げ、海外でも絶大な人気を誇る日本のロックの一大ジャンルへと成長しました。

ブッククラブ部長の幅さんは今回、ご自身で勉強しながら番組をより楽しんでいただくための4冊の本をセレクトしました。

1冊目:バンギャルちゃんの日常蟹めん

もっとみる